スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ばすふぃっしんぐのいいところ』

 今日はアメロの話にするか、引き続きブラックバスの話にするか迷ったのですが、敢えて連続ネタを選択と言うことでブラックバスというか、バスフィッシングのお話にしましょうか(苦笑)

 さて、今では初心者には様々な点で何となく敷居が高い釣りとなってしまった感のあるバスフィッシングですが(ブラックバスの管理釣り場とかは、また別として)、バスフィッシングのいいところは『ホントにこんなオモチャみたいな見た目のショボい偽物の餌に魚が喰いついてくるのかよ?』的なルアーでも、魚が猛然とバイトしてきて普通に釣れ、然も釣れる魚のサイズがデカイ(こともある)点でしょう

 これもブラックバスという魚の類い稀なる好奇心の強さのおかげな訳ですが、これがシーバスとかのソルトウォーターフィッシングゲームとか、トラウトゲームとなるとなかなかそう簡単にはいきません
 基本攻略パターンが魚の食性に訴える形の『マッチ・ザ・ベイト』『マッチ・ザ・ハッチ』である上記の魚たちは、やはりあまりに見た目が奇抜なルアーは、そのルアー自体が発する波動や不自然な動きを警戒するのか、そう簡単にバイトしてきてはくれへんのですよねぇ(但し、絶対に・・・とは言わへんですけどね。昔ボートシーバスで実験的にフロッグを投げたら、果敢にもシーバスがバイトしてきたことがありますし・・・(残念ながら乗らなかったけどね))

 その点、ブラックバスは見た目がどんなに奇抜だろうが、ルアーサイズが自分よりも大きかろうが、食性だけでなく、単なる好奇心から『ん?なんやこれ?』ってな感じで口を使ってきてくれますからね
 所謂『トッパー』と呼ばれる人たちが、そのスタイルにドップリとハマってしまうのも何だか分かる気がしますね。これだけ好奇心旺盛で様々な種類のルアーにバイトしてくれて、かつ豪快でナイスなファイトでアングラーをハラハラドキドキさせてくれて、然も一年を通じて釣れる魚って、日本国内ではブラックバス以外はおそらくいませんしね(もっともファイト内容だけを単純に比較すると、ブラックバスを越える魚はたくさんいますけどね(^_^;。特に海では))

 日本では勝手な人間様の都合で『特定外来種』『害魚』という一方的な烙印を捺されてしまい、苦境というか今や生存権すら脅かされているものの、見た目がそれなりにカッコよくて、ルアーで釣ったという満足感が一番味わえるターゲット、それがブラックバスという魚なのではないですかね

ばすふぃっしんぐのいいところ バスフィッシング ブラックバスという魚の類い稀なる好奇心の強さ 好奇心旺盛で様々な種類のルアーにバイト 勝手な人間様の都合で『特定外来種』『害魚』という一方的な烙印を捺されてしまっている哀れな種族

関連記事

テーマ : バスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

何だと思ってるのか?


何を模しているのか分からない代表格はスピナーベイトとバズベイトでしょうか?


でも不思議と爆釣してしまうルアーだったりもします★

シーバスやメバル、根魚など他のサカナを狙う時、バス釣り技術てかなり応用がきくんですよね。
バス上がりの仲間と釣りをしていると、その引き出しの多さに驚かされます。


本気でバスてやった事ありませんが今年はやってみようかと思ったりしてるんですよね(^-^)

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

たしかスピナーベイトやバズベイトは特定のベイトフィッシュなどをイミテートしたものではなく
あくまでベイトフィッシュの群れの要素をコンパクトにイミテートしたものだったように記憶しています

あとは波動、サウンド、フラッシングによるアピール力とスナッグレス性能をひたすら追求したルアーと言えるかも知れません

坊さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

バスフィッシングは多種多様なルアーを使い分け、効率的に使いこなす必要があるので、必然的に現場でのアドリブが利くようになるのかも知れません

因みに自分はシーバスメインにシフトしてからは、バスフィッシングに於けるスローな釣りのスタイル(ワームメインの釣り)には精神的に耐えられなくなってしまいました(苦笑)

いろんな釣り方があること、そしてそれを全部駆使して魚と向き合うこともできるし、自分の好きな釣り方だけを選択することでも釣りが成り立つことが大きいですよね。
10年くらいバスから離れてから、やっぱり1番のゲームフィッシュはバスだと感じました。

No title

ガッツリ時間を割いて釣りには行けてないんですが、年明けから時間を見付けては近所へバス釣りに行っています。

本来なら広島の瀬戸内では、メバル&アジ&寒サバetcとルアーで狙える魚種は豊富ですが、アミパターン・イカナゴパターン・イカパターンって王道のパターンが成立して釣れればそれまでの釣りです。

潮・風・地形etcを読んでパターンを見付けるまでが楽しく、1キャスト1ヒットになると飽きます。 笑


バスを野池で釣る時は○○パターンって、夏の虫パターン以外は気にしないですね。

居るところにはバスは居る訳で、カバー狙いの時はキャスティング制度も大事になりますし、海釣りには無い面白さはあります。

そして、多種多様のルアーで釣りが出来る、本来のルアーフィッシングの醍醐味があります。

本来のルアーフィッシングの楽しさを知らずに、ルアーを少しだけかじると気が付いたらワームの釣りしかしなくなってると思います。

餌は釣れるけど、ルアーの方がカッコイイ・・・だけど、そんなには釣れないからワームで釣る。(臭い付きだし!!)みたいな傾向が日本にはあるんじゃないかな?


全盛期の様にバス釣りには通っていませんが、バス釣りって何だかんだ一番面白い釣りだと思います。

1種類だけのルアーを絞って釣りへ行っても成立する時はしますし、他の魚に比べて好奇心旺盛なんだなっと思ってしまいます。

No title

北海道にはいない魚なので、まずバスフィッシングという文化に憧れを感じます

こちらでいうロックフィッシュやトラウトと近い存在ですね^^

あまりガツガツ狙うターゲットではないですが、いろいろ反応してくれる稀有な側面があることと思います

FJさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

本当にルアーで釣る際の選択肢が広いのがバスフィッシングの奥の深さですよね。他の魚ではなかなかこうはいかないですからね

因みに日本じゃ考えられないことですが、アメリカじゃ公園池にいるランカーサイズをビッグベイトを使って狙って釣ることが可能だそうで。公園池にそんなサイズが普通にいることも驚きなんですが、バスフィッシングが文化として強く根付いている証拠なんでしょうね
それに引き替え、日本はバスフィッシングどころか釣りそのものが禁止なところが大半な訳で(-.-;)
こう言う点では明らかに文化・レジャー後進国ですね

マットさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

他の魚種、特にソルトウォーターゲームなんかだと『○○パターン』という王道を外すとバイトにすら結び付かないことが殆どですが

バスの場合、アングラーごとに様々な手札(好きな手札)を駆使して挑んでも、それぞれに対して何らかの形で答えてくれる魚ですからね

そういう魚をまるで在来種減少の一番の要因と決め付け、スケープゴートにする日本という国はやはり文化後進国としか言えない気がします

はっちさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

北海道にはブラックバスは棲息していないんでしたっけ?冷水への適応力が高いスモールマウスなんかはいそうな感じですけどね

北海道は個人的に巨大トラウト&ロックフィッシュ王国というイメージがあって

内地に住む自分から見ると、逆に羨ましいんですけどね(^_^)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。