スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『電脳魔都アキバの光と影(笑)』

         moblog_09b7b722.jpg

 当ブログでもネタとしても度々登場する、『電脳魔都アキバ』こと『秋葉原』。自分がこの街に通うようになって、もうどれだけの年月が経ちましたかねぇ(´Д`)。間違いなく四半世紀以上は経過している気がします

   moblog_18582c3a640.jpg

 自分が秋葉原デビュー(笑)をしたのは、我が記憶が確かならば小学校高学年くらいだったような気がします。当時の秋葉原は今のような『電脳魔都アキバ』ではなく、『石丸電気』『オノデン』、『サトームセン』テレビCMが良く似合う健全な『家電の街』であり(笑)、たしか自分も当時親にねだって、中学生になった頃に誕生日プレゼントとして、『SHARP』『ダブルカセット搭載CDラジカセ』を秋葉原の某電気店で買ってもらった覚えがあります(もしかしたらもう少しあとだったかも知れん)

         

         

         

 自分が中学~高校に進学した頃、NECのPCシリーズや富士通のFMシリーズ、SHARPのX1シリーズといった『マイコン』の普及(然し『マイコン』って言葉自体、既に完全に死語だよねぇ(苦笑))、更に任天堂のお化けゲーム機『ファミコン』の登場によって、秋葉原は『家電の街』から、『家電とパソコン、パソコンソフト&ファミコンソフトの街』に徐々に様変わりしていく訳ですが、この頃は少ない小遣いをやりくりしないといけない学生(高校生)の身分であり、少しでもお金を浮かすために今では考えられないことですが、春○部から秋葉原まで自転車片道約二時間かかる道程を、週末になると高校の友人たちと隊列を組みながら足しげく通っておりました←これが若さか・・・

 そして『任天堂/スーパーファミコン』『NEC/PCエンジン』『SEGA/メガドライブ』の三つ巴による、あの『第一次次世代ゲーム機戦争』勃発と同時に、秋葉原は『家電とゲーム機&ゲームソフトの街』となり、数多の中古ゲームソフト屋が秋葉原のあちこちに雨の後の筍のように乱立しはじめたのもこの頃じゃなかったかと

   20130507214052e34640.jpg

 因みに今でこそ秋葉原はお食事処が一杯ある街ですが、当時は食事ができるところが殆どなくて(あったとしても日祝日は営業していない店が殆どだった)、食い物と言えばコンビニやおでんの自販機頼り(笑)の街だったんですよねぇ(『秋葉原のおでんの自販機』と云えば、当時はある意味、アキバ名物と言っても過言ではなかった)

         130504_1502~01
   
 この頃の自分はといえば、一応社会人となったことである程度お金を自由に使えるようになり、また当時は生活費の心配を一切しなくても済む実家暮らしだったこともあり、週末になると秋葉原に行ってはお店を何軒もハシゴし、安く売られている新品ゲームソフト中古ゲームソフトをいくつも買い占めるというダメ人間ぶりを遺憾なく発揮(苦笑)。今にして思えば、ある意味とてつもなく無駄な散財をしていたような気がします(そして最終的には完全に道を踏み外して、後にゲーム業界に就職する訳ですが( ̄ω ̄)

         moblog_276b35a8.jpg

 で、この後『SONY/プレイステーション』『SEGA/サターン』『NEC/PC-FX』による『第二次次世代ゲーム機戦争』勃発によって、秋葉原は『家電の街』と言うよりも寧ろ『ゲームハード&ゲームソフトの街』となっていき、更にその状況に呼応するかのように街全体のオタク化が進行。既にこの時点で『電脳魔都アキバ』としての下地が出来上がっていたのかも知れませんなぁ

   moblog_f99d43a640f.jpg

 当時の自分は先程少し述べたように何をとち狂ったのかゲーム業界に就職し、正に頭までどっぷりと全身ゲームに浸っている状態で、睡眠以外の起きている時間は仕事もプライベートもゲーム漬けで、まさしく『ゲームジャンキー状態(笑)』。職場の二駅隣が秋葉原とか、職場の所在地自体が秋葉原だったこともあり、寧ろ秋葉原に行かない日の方が少なかったような気が(^_^;)
 平成生まれの若人たちは知らないかも知れんけど、『秋葉原ダイビル』『秋葉原プラザビル』がある辺りは、当時はバスケットコートやイベントスペースになっていて、JR秋葉原駅自体も改装前で非常に複雑に入り組んだ、ちょっとした迷宮みたいな構造で、電車を乗り換えるにも利用しにくいことこの上なしなホームだったんだよなぁ(-_-;)

   2013050721405004e640.jpg

 その後、西暦2000年代初頭に現在の『電脳魔都アキバ』の代名詞とも言うべき『メイド』が秋葉原に初めて出現し、街全体が『メイドカフェとオタク文化の発信基地的な街』へと変貌していく一方で、2008年には日本社会全体を震撼させた、正に格差社会の縮図とも云うべき『秋葉原通り魔事件』が起こり、以後2010年代初頭まで秋葉原は国家権力による監視の目と見えない規制に縛られた、秋葉原電気街が始まって以来の『大暗黒時代』を迎え、更にそんな弱り目の秋葉原に追い討ちをかけるようにして、2011年には『東日本大震災』が発生。頼みの綱の外国人観光客も大幅に減少する事態に

   201305072140474bd640.jpg

   moblog_e38ce8d9640.jpg
   
 そして現在、そのような数々の艱難辛苦を乗り越え、相変わらずメイドカフェ(+類似店舗)と急速に普及したデジタル家電デジタルガジェットツールの数々、そして秋元商法の権化とも云うべきAKB48が君臨する、以前にも増して混沌とした『電脳魔都アキバ』の名に相応しい街として、仮初めの繁栄を謳歌している訳ですが、約四半世紀以上に渡ってこの街を見続けてきた一人のオタクなオサーンとしては、十年後二十年後この街がどうなっているのかその行く末が気になるところです

 まあ、もっともその前に関東地方がとてつもない直下型大地震に見舞われてあぼーんするか、自分の寿命が先に尽きているような気がしないでもありませんがね( ̄∀ ̄)ニヒ

電脳魔都アキバの光と影(笑) 秋葉原と共に四半世紀 石丸電気 オノデン サトームセン 秋葉原興亡史 ある意味、オラの青春(笑) 今ではすっかりメイドとデジタル家電の街

関連記事

テーマ : 本日のネタヽ(´∀`)ノワショーイ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

胃腸の調子が…。
って記事に書いてた後から更新なかったんで、ちょっぴり心配してました。
元気そうで良かったです!!(^^ゞ

MACOさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

お陰で無駄な出費を強いられるわ、ゴールデンウィークを棒に振るわで散々でしたが、何とか回復?しました(^_^;)

No title

そこかしこに制服姿のJKが立っているステキな街ですね!!
中身はJKから卒業して数年経つ人が大半でしょうが、関係なくステキな街です。

天パさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

そうですか?とは言え

『JKやメイドの格好をすれば、誰でも可愛くなれると思うなよ』

というルックスの娘が半分くらいですけどね(苦笑)。いや、厳しい眼で見れば2/3くらいかな
あと何故かアニメ声の娘が多いです(爆)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。