スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ナイトゲームとベイトタッコー(笑)』

 さて、このところルアー関係の記事ばかりが続きましたので、今日はちょっと箸休め的な記事でも書きましょうかね(ここ最近はブログに対する管理人のモチベーションがちょっと持ち直してきたのか、比較的安定した記事の投稿が続けて出来ていますな(苦笑))

           ロッド&リール

 シーバスフィッシングトラウトフィッシングを除いたルアーフィッシングゲームに於いては、ほぼメインタックルと言っても過言ではない、みんな大好き『ベイトキャスティングタックル』、略して『ベイトタッコー(笑)』

 特にハードベイトを使ったバスフィッシングや、はたまたライギョゲームナマズゲームでは『ベイトタッコー』を使う人が大多数であり、寧ろ『スピニングタックル』を使う人の方が少数派でしょうね。最近では釣具メーカー側シーバスフィッシングオカッパリゲーム『ベイトタッコー』を流行らそうと何やら画策しているようですが(^_^;)

 さて、『ベイトタッコー』と言えば、そのパワフリャ~な巻き取りパワーとお魚とのやり取りに於けるダイレクト感、そしてサミングを駆使することによって可能な高いキャストアキュラシーが魅力な訳ですが、その反面慣れないと操作がやや難しく、まあ、ぶっちゃけルアーフィッシング初心者向けリールとは言えない代物です

         moblog_4176542f.jpg

 また、その構造故に『遠投』『軽量ルアー』、釣り場に於けるシチュエーションだと『強い向かい風』を基本的に苦手としており、キャスト時親指によるオペレーション(サミング)ミスってしまうと、即座に『バックラッシュ地獄』♪真っ逆さまに~ 落ちてディザイア~♪状態です(苦笑)

 もっとも『遠投』に関しては使い手の技量によってある程度カバーできるものであり、当ブログでも度々登場する、某有名珈琲専門店マスター(笑)なんかは、十年以上前abuベイトキャスティングリールを使って、国産の最新ベイトキャスティングリール同等かそれ以上の飛距離を叩き出せるそうです(因みにこのマスターは普段から『ベイトタッコー』『スピンキャスティングタッコー』しか使わないお方)

         moblog_68473c00.jpg

 で、先にも触れましたが『ベイトキャスティングリール』『バックラッシュ』リールの構造的切っても切れない腐れ縁的な関係であり、キャスティング時のサミングが適切でないとスプール上でラインがモシャモシャモシャ~!とアフロヘアー状態になってしまい(←分かりやすいように敢えて誇大表現)、最悪の場合にはその時点で『ゲームオーバー』を余儀なくされてしまいます

         moblog_d6e5f988.jpg

 とは言え、昨今の最新式国産ベイトキャスティングリールブレーキシステムかなり優秀&オートマチック化されているので(特にハイエンドモデルは顕著)、よほど外したブレーキ設定を故意にしない限り、もはやサミングせんでも無問題なモノもいくつか出てきてますけどねー

 で、そんな『バックラッシュ』リスクがやはり懸念されているのか、『ナイトゲーム』に於いては『ベイトタッコー』が使われるのは『ナマズゲーム』か、若しくは『ナイトバッシング』を楽しむ一部の物好きなバサーや、いわゆる『両軸愛者~引金派~』くらいとなっているのが現状だったりします

 個人的には、手元を一切見ずにサミング動作を流れるように華麗に行えて、ニュータイプ並みの優れた洞察力で漆黒の闇に消えていくルアーの弾道を予測できるようなスキルの持ち主でねーと、視覚的制限が発生する『ナイトゲーム』に於ける『ベイトタッコー』効率的運用はなかなか難しいと思います

         480konogetukouseiraimegamien

 極端に云えば、『男塾』『三面拳・月光』『この月光、生来目が見えん』名言で有名なキャラクター)並みに目を瞑ってルアーを投げても、『バックラッシュゼロレベル』くらいの域に達していないとちょっち厳しいんじゃないかなーと←大袈裟過ぎだっ!!

 もっともこれがキャスティング不要オフショアゲーム(例.ジギングゲームなど)だったりすると、話はまたじぇんじぇん違いますけどねー。何せ『バックラッシュ』が発生する要素が殆どナッシングですからね(笑)

ナイトゲームとベイトタッコー(笑) ベイトキャスティングタックル ナイトゲーム 略して『ベイトタッコー』 ベイトタッコーのメリット・デメリット バックラッシュ ナイトゲームでの『ベイトタッコー』の運用は真のベイターでないとリスク高すぎ 両軸愛者~引金派~ 『この月光、生来目が見えん』 Reels 西洋釣具珈琲店

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こちらはドブ川シーバスが開幕し昼夜問わずベイトタッコーが大活躍しています(≧∀≦)

スコーピオンXT1500にPE1.5号巻いてますが夜はホントに恐ろしいです(笑)


ちなみに去年からベイト使いの先輩がベイトエギング始めたんですが、フォールのアタリが取りやすくかなりイイ感じみたいです♪
きっとメーカーさん、シーバスの次はベイトエギングを推してきますね( ´∀`)

坊さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

それでなくてもリスキーなベイトタッコーを夜間に、然もPEラインを巻いて使うとは何たる強者

因みに『エギング用ベイトタッコー』は既にDAIWAから発売されています。そして盛大にコケました(笑)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。