スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハンドメイド、手作り、自作』

話をしよう。あれは今から36万・・・いや、30年以上前だったか

         hanasiosio

まぁいい。私にとっては昨(以後、長くなるので割愛)

 と言う訳で自分がまだエキセントリック少年ボーイだった頃、ルアー特にハードベイト非常に高価な買い物であり、特に舶来ルアーはおいそれとそう簡単に手が出せる代物ではありませんでした

         moblog_e4583ef3.jpg
         
 今でこそ『ラパラCD』なんかは下手すると中古ルアーショップ100円の値札シールがついて陳列棚にぶら下がっている哀しき存在(泣)ですが、当時は鍵付きショーケースの中で、まるで宝石のように光り輝いている高嶺の花だった訳です

 当時、財力のない自分が手をだせたのは、みんな大好き庶民の味方『コーモランルアー』と、どこのメーカーが作ったかも分からない、ビニール袋に入って売られていた『粗悪コピー品ルアー』ばかりで、それとて毎月何個も買えるようなモノではなく、所有している数少ないハードベイトを大事に大事に使うような時代だったんですねぇ(なので、昔は『ルアーの根掛かりロスト』によって受ける諸々のダメージ(笑)は、今とは比較にならないくらいハンパではなかった

         480antowanetutogoumanhatugen

 そうなると必然的に『パンが無ければ、ケーキを食べればいいじゃな~い(by.マリー・アントワネット)』的な思考に至る訳で、当時の数少ない少年ルアーアングラー向けの資料だった『小学館入門百科/きみはつり名人 服部名人の直撃コーチ』巻末や、『別冊少年つりトップ』に載っていた『ルアー作り入門』記事を参考に、見よう見まねで妙ちくりんなルアーをいくつもこしらえていた訳です(笑)

            Hmeijinkimihaturimeijin

            sepia400turitotupu

 自分の記憶が確かならば、当時は『少年つりトップ』誌上で、少年読者を対象とした『自作ルアーコンテスト』みたいな読者参加型イベントも、頻繁に行われていた記憶がありますねー

 今でこそルアーを作るための素材工具はその辺の釣具屋に行ってもいくつも転がっていますが、当時は『セルロースセメント?ポリカーボネイド??何それ???それって美味しいの?』という時代であり、ルアー自作するための材料自体がおいそれと簡単に入手できる時代ではありませんでした

 なので、ボディ模型店ホームセンターで購入したバルサ材や、我が家の台所に何故かストックされていたかまぼこ板

ワイヤー部分少し太めの針金を使用

リッププラ板下敷き透明樹脂製のお菓子ケースの蓋などから切り出して整形

カラーリング油性マジックプラカラーによる筆塗り

 ボディ強度を出すためのドブ漬けコーティングニスクリアーラッカーを使って代用など

 振り返ってみると非常に稚拙で、正に子供の工作レベルと言うか、図工の時間の延長上でルアーを作っていた感がありましたね(笑)。何せ財力がありませんから、身の回りにあるものを上手く使って、素晴らしい迷作の数々(笑)を作ってました

         moblog_8f2b9dcd.jpg

 惜しむらくは当時作った自作ルアーは手元に一個も残っていないこと。と言うのも当時通い込んでいた牛久水系西谷田川に於いて、これら自作ルアーが一緒に入ったタックルボックスをちょっと目を離した隙に何者かにパクられてしまったからです(-"-;)コノウラミ、ハラサデオクベキカ~!!

         moblog_ab83280a.jpg

 そして時は流れて現在。今ではルアーの自作はまったく行わなくなってしまいましたねぇ。ルアーを作っている時間的な余裕がないというのもありますが、中古ルアーショップの出現により、自作するよりも中古ルアーを買った方がお金がかかりませんしねぇ(←コストパフォーマンスの高さを何よりも愛する)。せいぜい購入した中古ルアーに手を加えて、簡単チューニングにいそしむくらいが関の山ですわ~(^_^;)

ハンドメイド、手作り、自作 話をしよう。あれは今から36万・・・いや、30年以上前だったか ハードベイトは昔は非常に高価な買い物であり、特に『舶来ルアー』はおいそれとそう簡単に手が出せる代物ではありませんでした 『ラパラCD』 みんな大好き庶民の味方『コーモランルアー』 『パンが無ければ、ケーキを食べればいいじゃな~い(by.マリー・アントワネット)』 ルアーの自作 少年つりトップ 小学館入門百科/きみはつり名人 服部名人の直撃コーチ 今じゃせいぜい購入した中古ルアーに手を加えて、簡単チューニングにいそしむくらいが関の山

関連記事

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

入門本の表紙の少年がギンバルとハーネス装着のガチなトローリングと言うのがスゴイですね(笑)
そして釣りトップの秋のウグイ大釣り特集凄く気になります。

自分も(チープな)ルアーの自作は子供の頃良くやって居ましたが、
最近になって一部の小型魚を狙う為にまた作る様になって来ました。
必要だけど市販品には無い物を自作するのはハンドメイドの楽しみの一つに思います。

タカヲさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

自分たちが子供の頃の少年アングラー向け釣り入門書は表紙からしてとても夢があったんですよ(笑)。因みに少年釣りトップの○○特集とかいう記事は、内容的にはそんな斬新なことが書いてある訳ではありません。ホントに基本的内容+αって感じでしょうか

自分も小魚向けの擬似餌とかなら、たまーに作ってますかねー。プラグと違って、作るのに手間や時間があまりかからないので(^_^)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。