スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SICガイド厨』

正に表題の通り

『SICガイド、マンセ~!!』
『SICガイドこそ至高!!』
『SICガイドリング採用ロッドでなければ、ルアーロッドに非ず!! キリッ』

 とマジで思い込んでいる(思い込まされている)人たちのことですね。たしかに総合的なスペック・特性を比較すると、他の材質のガイドリングに比べて『SIC(Silicon Carbide)』の性能が一歩抜きん出ているのは、硬い故に反面脆いところがある点を除くと、データ的に見てもほぼ間違いない事実なんですけどね。当然ながら性能が高い反面、他の素材のガイドリングよりも、やはり高価なんですがね(-.-;)

 でもね、世界的に見れば『SICガイドリング』が標準(スタンダード)である国(市場)の方が、未だに圧倒的に少ない訳ですよ。寧ろ『ハードロイ系ガイドリング』の方が、21世紀に入ってもまだまだ主流(世界標準)な訳です

 嗚呼、それなのに日本では、何故か『ハードロイ系ガイドリングを採用しているルアーロッドは、所詮子供騙しの安物』『ハードロイ系ガイドリングでは、PEライン(ブレイデッドライン)は使えない(適していない)』という、一方的な決め付けのような風潮があるのはどうしてなのか?と個人的には思う訳ですよ(まあ、この点は事実上、日本に於けるガイドリング市場をほぼ独占している『FUJIガイド』による、様々なメディアを用いての長年の宣伝活動による地道な勝利と云うべきでしょうか)

 大体ですね、ブラックバスを釣ることで生計を立てている、日本よりシビアな競争の世界に生きている本場アメリカのバスプロたちの大半は、未だに『ハードロイ系ガイドリング』を採用したアメリカ製バスロッドや、『ハードロイ系ガイドリング』『ブレイデッドライン(PEライン)』を組み合わせて、フツーにメジャートーナメントなどで年間を通して戦っている訳で、本当に『ハードロイ系ガイドリング』子供騙しの安物で、『ブレイデッドライン(PEライン)』を使って、何等かの大きな問題不具合があるのならば、合理主義者が多数を占めるアメリカの市場『ハードロイ系ガイドリング』メイン商品として、今まで生き残っている訳がないんですよねー(とっくの昔に『SICガイドリング』駆逐されてしまっているハズ)

 流石にガイドリングの色が本当にネズミ色(灰色)の大昔の『ハードロイガイド』はちと厳しいかも知れませんが(リング素材はともかくとして、スチール表面塗装&簡易メッキしただけの大昔のガイドフレームだと、錆の問題が付きまとう『ソルトウォーターゲーム』で使うにはちと辛い)、昨今の焦げ茶黒っぽい色をした『ハイアロイリング』『Oリング』、最強のハードロイ系ガイドリングである『アルコナイトリング』などは、正直『SICガイドリング』と大差なく使えると思うのですがねー

 ただ、日本ルアーフィッシングのように、とにかくやたらと『細いラインを使いたいんだい症候群』に冒されているアングラーが多い国(市場)だと、摩擦熱による極細ラインへのダメージを多少は抑えることができる、放熱性能の高い『SICガイドリング』の方が、『ハードロイ系ガイドリング』よりもやや有利なのかも知れません

 因みに自分が所有しているルアーロッドの内、7~8割『SICガイドリング』を採用したモノですが(ニッチメーカーのモノではなく、国内メジャーメーカーが生産しているルアーロッドで、『SICガイドリング』を採用していないモノを敢えて探す方が逆に難しい)、残り3割ルアーロッド『ハードロイ系ガイド』その他の素材のガイドを採用したモノであり、自分は別に気にすることなく『PEライン』もフツーに使っていますが、それによって不具合が生じたとか、ラインが切れたとかいうことは一度もありません(逆に最新式『Kガイドフレーム&SICリング採用モデル』深刻なライントラブルに見舞われたことは何故かありますけど・・・)

 まあ、結局何が言いたいかと云うと『何等かの具体的な拘り(ポリシー)があるならともかく、あまり道具の性能(釣具メーカーの売り文句やキャッチコピー)に振り回されるとロクなことにならない』という、意味があるような無いような今回のお話でした

『SICガイド厨』 SIC(Silicon Carbide) 日本ではもはや一般的なガイドリング素材 世界的には『ハードロイ系ガイドリング』の方がまだまだ主流(世界標準) 『ハードロイ系ガイドリングを採用しているルアーロッドは、所詮子供騙しの安物』 『ハードロイ系ガイドリングでは、PEライン(ブレイデッドライン)は使えない(適していない)』 細いラインを使いたいんだい症候群 あまり道具の性能(釣具メーカーの売り文句やキャッチコピー)に振り回されるとロクなことにならない

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです!
何とかWEB復帰してきました~(^^♪

まぁ、まさに自分も「細いラインを使いたいんだい症候群」に冒されていた一人ですが、空白の期間で頭がリセットされてます。それに、これからのパワフルな季節なら、ラインに多少ゆとりも欲しいですし(笑)

ガイドですが、今販売されてる主流はSICガイドになってますよね~。

そのうちAGSになったり??
※痛い目みてるんでコリゴリですが…(笑)

「俺 は 富 士 工 業 に だ っ て 従 わ な い」


実戦配備中の対スズキ用ロッドがことごとく非SiCガイドでした。

Re:

MACOさん、おはこんばちは。お久しぶりです。元気そうでなによりヽ(´∇`)ノ

えっ、あんなに極細PEラインを極めようとしていたのに何かあったのですか?(笑)。国内市場だとSICリングを使っていないと直ぐに『安物』の烙印を捺されて、結果的に商品が売れなくなってしまうので、特にルアーロッドに関してはSICリング搭載が必須という暗黙の掟が釣具業界では成立しているのかも知れませんね(嘘)
個人的にはもっとアルコナイトリング搭載モデルを増やしてほしいところですが

Re:

SKさん、おはこんばちは。コメントありがとうございます

ニッチメーカー製ロッドを改造して使用したり、選択肢が舶来メーカー製ロッドオンリーだと自然とそうなりますよね(笑)

自分もSICガイドのロッドが1本だけですねw

リングすらついていないただのステンレスのロッドも使ってますw

Re:

BONさん、おはこんばちは。コメントありがとうございます

BONさんの場合は所有しているロッドの殆どが舶来メーカー製ベイトキャスティングロッドですから、必然的にそうなるでしょうねー

『SICリングなんて飾りです。日本のアングラーにはそれが分からんのです』

No title

はじめましてm(_ _)m

はじめてコメント失礼します。
私も同感です、分かり易く丁寧に
書いてくださりありがとうございます。
補足したくてもできません(^_^;)

私の場合はロッドの扱いが雑でフィールドも磯が多いので(^_^;)
SICが破損する度にハードガイドに交換してます。(特にトップガイド)
その後のトラブル&破損はありません!
快適で経済的です♪

Re: No title

TOSHさん、おはこんばんちは。はじめまして
初コメントありがとうございます

> 私も同感です、分かり易く丁寧に
> 書いてくださりありがとうございます。

いえいえ、自分が思っていることを正直に書いただけですので

> 私の場合はロッドの扱いが雑でフィールドも磯が多いので(^_^;)
> SICが破損する度にハードガイドに交換してます。(特にトップガイド)
> その後のトラブル&破損はありません!
> 快適で経済的です♪

ルアーロッドだとどうしてもアクションをつけるために
ロッドを動かすことが多いので
その際に勢い余ってガイドを硬いものにぶつけてリングが割れるという
トラブルに繋がることが多いみたいですね

余程使い込まない限り、PEラインでハードガイドが削れる事象は
起きないんじゃないかと個人的には思ってます
ただし、極細PEラインは摩擦熱を効率良く逃がす意味でも
放熱性能が高いSICリングの方がベストだとは思いますが

今後とも当ブログを宜しくお願いします
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。