スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『何事も戦術・戦略は重要と言うお話』

とは言っても今回は『釣りの話』ではなく、『競馬』の話なんですがね(;^_^A

 いつものように本屋で立ち読みではなく、久々に腰を据えてゆっくりと読みたい記事が掲載されていたので、何年かぶり某競馬雑誌を購入したのですが、仕事やら何やらでスゲー忙しく、結局読めたのが雑誌を購入してから約二週間後というオチでして(苦笑)

 で、そのゆっくり読みたかった記事と言うのは、件の『大阪馬券脱税裁判』の被告と同一人物と思われる人物が某匿名巨大掲示板に残した書き込みを基に企画された、ドキュメント的な内容半分、某競馬雑誌編集部(特捜班)による憶測半分で書かれたであろうと思われる特集記事

 記事の内容によれば、件のサラリーマン馬券師競馬予想ソフト『馬王』を基に、自分で取捨選択した約40項目ほどのファクター(コレが実は馬券的中に結びつく最大のキモなのかも知れないが)を数式化してソフトに組み込んでカスタマイズを施し、併せて長期的戦略に基づく、以下の『掟(ルール)』を自らに課して、三年間で一億円四千万円という巨額の利益を手にしたそうで。因みに気になるその『掟(ルール)』の内容はそんなに突飛なものではなく

・全レース買い
・購入する頭数(馬)を絞った、基本五頭のボックス買い(但し、その中から期待値が低く、妙味の低い買い目を削って馬券を購入)
・券種の違う馬券を複数購入し、同時的中を狙う


 という、何だか拍子抜けするような、ある意味誰でも考え付きそうな内容。で、上記のロジックに基づき、カスタム競馬予想ソフトが選出した買い目の馬券をひたすら機械的に買うことで、一億円超という巨万の富『競馬』で得たということらしいです

 うーん、やっぱり『競馬』でここまで儲けようと思ったら、買うレースを選んではダメ(但し、データがない新馬戦、不確定要素が多すぎる障害戦は除く)、好きな馬への思い込みや主観がどうしても入ってしまうようなアナログ要素オンリーな自己予想はダメ、人気薄が来なければメリットよりデメリットが大きい総流しのような多点買いはダメ、選んだ軸馬が飛んだ時点で即ゲームオーバーとなる軸流しのような買い方はダメ、とにかく最初に設定したロジックに従い、基本に忠実に機械的にただボックス馬券(妙味のある組み合わせの馬券のみ)を買い続ける、ある意味『鋼の意志』が必要と言うことですね

                kanseibakenkounyu.jpg

 更に今後は主流になる(=旨味がなくなることを意味する)であろう、パソコンを使ったビッグデータ解析による競馬予想でライバルより優位性を保ち、尚且つライバルやJRAを出し抜くためには

・他人が思いつかないような予想ファクターを取り入れる
・全体的予想精度を他者よりも上げる
・アナログ的要素をプラスする
・常に最新のデータ(傾向)を取り入れる(統計的な母数の多さを敢えて重視しない)
・オッズの影響を受けやすい高配当馬券よりも、比較的安定している低配当馬券を重視


 という【億勝の五ヶ条】を盛り込んだ新たなロジックを構築する必要があると考えていたようです(何と今から6年以上も前に・・・)。うーん、なんてシビアな考え方なんだ(-.-;)。やっぱり『競馬』投資・利殖の手段としてガチで考えるなら、もはや毎レース予想を楽しんでいるような甘いレベルではお話にならないってことなんでしょうね

 そして一番重要なのは、単にレースを当てることよりも『どんな馬券を的中させたいか?(=券種のことを言っている訳ではないのに注意)』を考えて、長期的視野にたった戦略(オペレーティングシステム)を構築し、その結果に一喜一憂することなく、毎回毎回同じことを機械的に実行に移す。たったこれだけだそうですが、貴方は耐えられますか?自分は・・・ちょっと耐えられそうにないです(^_^;)

 因みに件の『大阪馬券脱税裁判』の被告が、競馬で一億円の利益を得た年の馬券回収率は115%、的中率は15%だったそうで。これを高いと見るか低いと見るかは、この記事を読んでいる読者一人一人の判断にお任せすることと致しましょう

まあ、コレ以上の記事の詳細が知りたい人は、某競馬雑誌を購入して読んでちょ(笑)

『何事も戦術・戦略は重要と言うお話』 『大阪馬券脱税裁判』 競馬予想ソフト『馬王』を基に、自分で取捨選択した約40項目ほどのファクターを数式化してソフトに組み込んでカスタマイズ 三年間で一億円四千万円という巨額の利益をゲット 長期的戦略に基づく『三つの掟(ルール)』 【億勝の五ヶ条】 一番重要なのは、単にレースを当てることよりも『どんな馬券を的中させたいか?(=券種のことを言っている訳ではないのに注意)』を考えて、長期的視野にたった戦略(システム)を構築し、その結果に一喜一憂することなく、毎回毎回同じことを機械的に実行に移す

関連記事

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ~この話ネタにしようと思ってので、カブりました^^;

ただ、捉えてる視点はまったくの逆です(苦笑)
この記事内容が事実ならやはりデジタル予想の限界はこのあたりなのかと思っています。
もうちょいいけるという人もいましたが、回収115%だと今の国の取立てだと実質マイナスですからね。

しかもここが肝心なところなんですが、最後の方は回収率100%を下回っていたらしいですね。
デジタル予想の弱点を見た感じがします。

この方の予想法は素晴らしいとは思いますが、すでに陳腐化しています。
これで馬王の入会が多くなったと思いますが、今から勉強したところで遅いと思いますよ(笑)

競馬で勝ち続けるのは思った以上に難しいですね~。。



No title

う~~ん。
この人って、確か軍資金100万位から始めたんですよね~。

それだけの資金があれば全レース買いも可能だと思いますが、最近は千円~三千円位までで遊んでるので、参加レースは吟味しないと、あっと言う間にパンクします(笑)

意外と最終レースがアツいんですが…。

今日は、ウリウリに頑張ってもらいます(^^ゞ

じょんがりさん、おはこんばちは。コメントありがとうございます。じょんがりさんもやはりこのネタには注目していましたか(笑)

どうも最近の競馬雑誌はこのネタ(大阪馬券課税裁判の被告が実行していた手法)を取り上げるのが一種のトレンド(爆)らしいです。競馬で一億円超の利益を得たという動かしがたい事実は、キャッチフレーズとして宣伝効果大ということなのでしょう

記事中でもちこっと触れていましたが、年々的中率・回収率は低下していたようで、やっぱり大勢の人間が同時に似たようなことをやりはじめると旨味がなくなってしまうのが競馬の予想(馬券術)ってものなんでしょうね(スピード指数然り、オッズ理論然り、そして今回のデジタル予想然り)

基本的な考え方は非常に参考になるし、個人的に共感できる点が多いんですけどねー(但し、実行できるかはまた別問題ですが。例えば全レース買いとかは、潤沢な資金(タネ銭)がないとまず真似すらできませんし)

MACOさん、おはこんばちは。コメントありがとうございます

やっぱり競馬で巨万の富を本気で築くつもりなら、これくらいの勝負資金(タネ銭)は用意しないとダメなんでしょうね

もし、そんなに資金がなくても競馬でこれくらいの利益を得ることは可能と主張する人がいたとしても

まずは実際にこのサラリーマンと同じように一億円超を稼いでからでないと何を言っても説得力ゼロですよね
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。