スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『実家帰省時用新兵器(Trastick S710-810ML)、購入』

 まあ、別に『実家帰省時専用』という訳でもないのですが、消費税『5%⇒8%』へと大幅増税される前に、シーバスフィッシングメインとして幅広く使える、NEWルアーロッドを一本新調しておきたいなぁと何となく考えていたのですが

           moblog_b7d73cb7.jpg

 本日、都内某老舗釣具店まで出向いたところ、以前にブロガー朋友であるFVDさんから強く勧められた『シマノ/Trastick(トラスティック)』がたまたま入荷されており、然も今月は消費税増税前応援セール中とのことで、それでなくても、ここのお店では値引率の高い『シマノ商品』が更に安くなっていたので(実売価格から更に5%引き)、新品ルアー一個(デュエルのメタルバイブレーション)と合わせて、急遽購入してきました

           moblog_bd53bf2b.jpg

           moblog_3e3a6e16.jpg

 さて、今回自分が購入したのは『バーサタイルパックロッド』として設計されているだけに、元々汎用性が高い『トラスティックシリーズ』の中でも、特にシーバスを中心としたルアーフィッシングに於いて、バランス的におそらく一番使い勝手が良いだろうと思われる『Trastick S710-810ML』というモデル

           moblog_6991429f.jpg

           moblog_ffe3038d.jpg

 パワー設定『ミディアムライトクラス』6~28グラムまでのウェイトルアーをキャスト可能。制式ガイドリング&ガイドフレームには『ハードロイ系最強のガイドリング』との呼び声が高い『アルコナイトリング』と、ルアーフィッシングの世界では、徐々に主流に成りつつある『Kガイド』ではなく、従来のスタンダードな形状の『Fujiステンレスガイドフレーム』が採用されており(※『Trastick(トラスティック)』の原型となったパックロッド自体が、元々海外市場向けの商品だったため、使われていた安価『アルコナイトリング&ステンレスフレーム』をそのまま制式採用したものと思われる)、何よりも実用性とコストパフォーマンスのバランスを最重視する自分にとっては、正に願ったり叶ったりのグローバルスタンダードなスペックを有する、SWゲームを意識した『バーサタイルパックロッド』です

           moblog_4b00025a.jpg
 
 そして、これが『トラスティックシリーズ最大のセールスポイント』なのですが、上から三本目のピースにそれぞれレングスの異なるモノをセットすることで、『7'10フィート(2.4m)モード』『8'10フィート(2.7m)モード』とその時の状況に応じた二つのロッドレングス(=長さ)を一本で使い分けることが可能となっています

 つまりロッドアクションキャストアキュラシーを重視するようなシチュエーションには、ロッドを操作しやすい長さの『7'10フィート(2.4m)モード』、逆にパワー飛距離を重視するようなシチュエーションなら、ロッドの生み出すタメや遠心力を活かせる『8'10フィート(2.7m)モード』メインに使いこなせばいい訳ですね

           moblog_b888b083.jpg

 マイカー族と違って、長さの異なる何本ものルアーロッドを持ち歩いて移動することが事実上難しい、所謂公共交通機関の利用がメインのオカッパリシーバスアングラー』にとっては、このロッドの長さを状況に応じて、ピースの組み合わせで変えられる設計コンセプトは、メーカーが考えている以上に、非常に有り難い仕様と言えるかも知れません

 もちろんメリットばかりではなく、携行性を優先したマルチピースパックロッド故のデメリットもいくつか抱えており、自重が一般的なルアーロッドと比較して若干重くなりがち、ピース数(継ぎ本数)が増えることにより、どうしてもロッドの曲がり(ベンドカーブ)が滑らかではなくなり、キャスト時のロッドの曲がり具合や魚を掛けた際のリフティングパワーに多少不安が残る、キャスティングを繰り返すうちに各ピースの接続部が徐々に緩んできて、突然スッポ抜けるといったアクシデントの発生等々が考えられます(接続部の緩みに関しては『フェルールワックス』等の使用で対処可能)

           moblog_a82d67a2.jpg

 また、付属ロッドケースは見た目もよく、非常にしっかりとした造りのモノなのですが、残念なことに持ち手部分が付いているだけで、肩にかけられるようなベルトなどがついていないため、正直使い勝手があまりよくありません。現場への携行時には、市販されている『アジャスター式図面ケース』などを流用した方がベストかも知れません

           moblog_08ec9823.jpg

 もっとも自分の場合、上記デメリットを十分に理解した上で、最大のメリットである『携行性の高さ』に一番魅力を感じて、コイツを購入したので、全く以て『無問題』なんですけどね

 まあ、これで今後は実家(宮崎)に帰省する時や遠征時には、ロッドの選択運搬方法であれこれと悩まなくてすみそうですわ〜

『実家帰省時用新兵器(Trastick S710-810ML)、購入』 『Trastick(トラスティック)』 『シマノ』 『バーサタイルパックロッド』 『Trastick S710-810ML』 『ハードロイ系最強のガイドリング』である『アルコナイトリング』採用 二つのロッドレングス(=長さ)を一本で使い分けることが可能 4月からの大幅増税&便乗値上げに備えて FVDさんオススメ商品

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

パックロッド良さそうですね。
僕も移動が基本電車やバスなんでロッドの扱いには結構悩んでるんですがあまり店頭で見かけないため
中々触る機会が無くて…(竿は実機触ってじゃないとという古い人間なもので)。
あと継数の関係上、普段使ってる2ピースのロッドと違って長さが中途半端なものが多いのも手が出にくい
理由の一つではあります(この辺は慣れというか感覚の問題なんでしょうけど)。
ただいずれ行きたいと思ってる遠征(特に飛行機)には必要かなと思い色々模索してます。
そういえば昔ジャクソンから出てたブリストールってロッドはケースがまんま図面ケースなんで
目立たないというのをウリにしてましたね。

日南は基本ラン&ガンなので携行性は重要ですよね

しかし長さが変えられるのっていいですね

万年雑魚釣り師さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

『ジャクソン/ブリストール』、懐かしいですね。たしか比較的リーズナブルな値段で買えた、シーバス用パックロッドの走りだったように記憶しています

電車やバスなどの公共交通機関であれば、2ピースロッドでもあまり問題はないのですが、飛行機による移動が加わってくると、やはりこの手のパックロッドは様々な面で重宝すること間違いなしですね

BONさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

ラン&ガンゲームは元より、飛行機を利用しての帰省を考えるとどうしてもこの手のパックロッドに落ち着いてしまいますね(笑)

トラスティックは値段が割とリーズナブルな割には、作りと性能がそこそこ良く、何と言っても状況に応じてロッドレングスを変えられる点がポイント高いですね

案の定ベイトキャスティングロッドに改造して、使っている方もいるようですよ(笑)

No title

ほお~、レングスを変えられるのは便利ですね。
個人的には8ft半と9ft半のモデルが出たらほしいな~。

クアトロ

バス用にはパームスクアトロの6*5と6*0(当然ベイトタックル)持ってますが、シバス用にスピニングの8*6を買おうか迷っていたら廃盤になってしまい激しく後悔しました。新しくなったスミス・ベイライナー86もいいんですが、実売24000円はちと悩みます(パームス買った頃はややバブリーだった(笑))
ばんぱくさんお求めのブツはサンスイで触りましたが、コスパ充分な出来でした。私にはちょっと硬かったですが・・

パックロッドだけでなく普通の2ピースロッドで長さ変えれるモデルがほしいですね!長い方は3ピースになりますが…
シマノのソルティーショット86振出持ってます。堅すぎず柔らかすぎずいい感じですが、“シマノはバットが仕事しない”“荷重時の支点が変”とか聞きますがどうなんでしょうか?

おはようございます(^o^)

曲がりとパワーに関しては、当方得意のペットボトルでやった時にも不安はありませんでしたよ~(^o^)

後はビワコオオナマズ掛けるだけで検証完了っす(・∀・)ニヤニヤ

FJさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

同様の意見は以前からユーザーから出ているのですが
元々シマノ・ヨーロッパで売られていた製品を日本国内向けにリファインした商品なので
おそらくそのレングスのモデルは発売されないかと(^_^;)
何しろパックロッド自体、日本では何故か需要が少ないですからねー

ウータンさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

クアトロとはまた懐かしい。結構いい値段のするパックロッドだったような記憶が(^_^;)

マルチピースで8フィート以上のリーズナブルなロッドとなると、選択肢がなかなかないのが現状ですよね

シマノのルアーロッドは伝統的にやや硬めのものが多いです。マルチピースとはちと異なりますがARCや、コアなファンが多かったオシアフリーマンなんてその最たるモノでしたね

ウイグルさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

シマノは伝統的にガチガチ系の硬いロッドが多いですからね(特にSWゲーム用ロッド)。なんでマルチピースになると丁度いい感じです(笑)

自分は軟らかいロッドよりも、寧ろこういう剛竿タイプの硬いロッドが好きなので、シマノのロッドは結構本数を持っていたりします

FVDさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

ロッドに関しては一家言を持つFVDさんのオススメと言うことで、躊躇なく買いました(笑)。レングスを変えられる構造は、公共交通機関利用アングラーの自分としては大変ありがたいです

多分一番最初に釣る魚は…鯉(然もスレ掛かり)のような気がします
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。