スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マルチピースとフェルールワックスと蝋燭』

パックロッド(コンパクトロッド)、特に『マルチピースタイプ』ルアーロッドを使う際の『必須アイテム』とも言えるのが、フェルール(継ぎ部分)の緩みと固着を防ぐための『フェルールワックス』と呼ばれるものです

           fwax480.jpg

テレスコピックロッドの大家SKさんの話によると、『マルチピースタイプ』と同様に、『テレスコピックタイプ』『フェルールワックス』を用いた方が運用的にはベストとのことですが、テレスコピックロッドの継ぎ部分すべてにワックスを塗るとなると、ロッドに付いているガイドを全て取り外し、一旦ブランクス自体をバラさないといけないため、ワックスの塗布を行うにしても、かなり手間のかかる作業になるものと思われます

さて、この『フェルールワックス』、主成分は『天然ワックス&パラフィン』で(一般的なモノよりはやや粘着性がある専用のモノかと思われる)、大体リップスティックと同じ形状をしており、コミ部分(凸側)に薄く均等に塗ることで、ロッドを継いだ際にフェルール部分を抜けにくくし、かつフェルールの固着を防ぐという二つの効果があります

但し、この『フェルールワックス』、お値段がそこそこするためか(税込みで定価700円ちょっと)、多くのアングラーが安価で同じ効果が見込める『ロウソク』で代用していることが多いようです(ご多分に漏れず、自分もコストパフォーマンス重視(笑)『ロウソク』を愛用しています)

           moblog_d5e751d5.jpg

因みに自分が使っているロウソクは、大量生産のロウソク(主成分が石油パラフィン)とはちょっと違って、やや高価な天然の『蝋(ロウ)』を使ったもので(クリスマス用手作りキャンドル。その昔、知人から頂いたモノ)、一般的なロウソクよりも『蝋(ロウ)』自体の粘りがやや強いものです。素材的には『フェルールワックス』に近いものかも知れません

その使い方ですが『フェルールワックス』と同じく、フェルールのコミ部分に薄く均等に『蝋(ロウ)』を塗り、ロッドを実際に捻りながら継いでみて、はみ出た余分な『蝋(ロウ)』を拭き取るだけ。ロッドを抜く際にフェルール部分から『キュポン♪』と音が出るくらいが一番ベストな『蝋(ロウ)』の塗布状態ではないでしょうか?

           moblog_81253a86.jpg

最後に余談になりますが、この蝋(ロウ)による対策法を用いて、ロッドのフェルール部分がキャスティング中にスッポ抜けを起こしたことは、自分は今まで一度もありません

『マルチピースとフェルールワックスと蝋燭』 『マルチピースタイプ』のルアーロッドを使う際の『必須アイテム』 『フェルールワックス』 ロッドを継いだ際にフェルール部分を抜けにくくし、かつフェルールの固着を防ぐという二つの効果 同じ効果が見込める『ロウソク』で代用 SKさん

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

すっぽ抜けがなくなったなかりか
納竿時に抜けなくなって困った時がありました…
ほどほどにしなきゃ駄目ですね…

No title

このフェルールワックス使ってますよ。
一度使ったらもう必需品になりました。
最初、普通の蝋燭でやっていたのですが上手くいかずに
結局専用品を購入したのですが、なるほど天然蝋ですか。

ランチバッグSJ806Mよさそうですね。
最近、僕もOGKのテレショット300MHを購入しました。
もう少し振出し竿に光を当ててもらいたいですね。

ウイグルさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

たくさん塗ればいいというものではなくて、コミ部分に均一に塗って、ロッドを継いだ際にはみ出た分はキレイに拭き取って取り除くのがキモですね

カワウソさん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

一般的なロウソクに使われている『石油パラフィン』と、蜜蝋や松脂などを原料とした『天然蝋』は似て異なるものだそうですよ

エコノミークラスのテレスコピックルアーロッドにも、そろそろハイエンドクラスで使われている技術がフィードバックされてもいいと思うんですけどね。特にガイドロック機構とかは(一般的な投げ竿だと、エコノミークラスでもガイドロック機構は徐々に取り入れられているようですが)

ルアーフィッシングだとどうしても『ワンピースこそ至高』『継ぎ数の少ないロッドこそ理想』という考えに未だに凝り固まっているので、テレスコピックロッドやマルチピースロッドはあくまでサブ的な位置付け、かつ作ってもあまり売れないので、メーカーも本腰を入れて商品開発をする気には、なかなかならないようです

No title

私は普通の白いロウソクを使っています。

振出ロッドは、新品をバラしてジョイントにロウを塗るというのは
ちょっと考えにくいですから
口金固定ガイドの外れたときが組み直しのチャンスです。
実際、ロウを塗ると調子が良いです。

メーカーで製造時に塗っておいてもらえると
助かるんですけどね。

SKさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

蝋を塗ると継ぎ部分のガタツキや固着が確実に抑えられるので、やっぱり使い勝手が向上しますよね

液状のワセリンスプレーや蝋が主成分のワックススプレーとかがあれば、テレスコピックロッドでも簡単に継ぎ部分の蝋を塗れるんですけどね
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。