スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラパラ/CD5(カウントダウンファイブ)』

個人的には『汎用小魚型決戦兵器』という位置付けのルアーといっても過言ではない

          moblog_9c2ffd57.jpg
『ラパラ/CD5(カウントダウンファイブ)』

最後にコイツを投げてみて、魚からの反応が一切なければ、そこには釣れる魚がいない、もしくはやる気のない魚しかいないという、最終判断(ファイナルジャッジ)を下すための『逆パイロットルアー』として、かなり信頼しているハードベイトです

全長50ミリ、重量5グラム小兵なれど、その秘めたるポテンシャルパワー並みのルアーでは太刀打ちできないほど。シンキング仕様故攻略レンジ釣れる魚種も基本的に問わないため、殆どのシチュエーションに於いて投入可能です

           moblog_3e5cbf77.jpg

リップ付き小型ミノープラグ故に、リップによる空気抵抗が原因で飛距離がイマイチ出ないという欠点がありますが、その場合は爪切りなどでリップをカットし、敢えて『CDL(カウントダウンリップレス)仕様』にしてしまうことで、ある程度解消できます(真の意味での『ミノープラグ』ではなくなってしまうけどね)

           moblog_335310da.jpg

因みに自分はボトムにどんな粗大ゴミが沈んでいるか分からない、根掛かりが激しい都市型小中河川で使うことが多いので、デフォルトで付いている前後のトレブルフックを外し、テールアイ#6~4ダブルフック一本だけセッティングして使うことが多いです。これだけのことですが『根掛かり回避力』が大幅に向上します

主な使い方としては、他のラパラCDシリーズと同じく『タダ巻き』『スピードに緩急をつけてのリトリーブ』『ストップ&ゴー』が基本。リップレス仕様にした場合には、下手にルアーを動かそうとは思わず、河川であれば『ドリフトさせながらのデッドスローリトリーブ』一番効果的です

           moblog_411b3397.jpg

余談になりますが、コイ科の魚はこのリップレス仕様のフラフラしたヤル気のない動きの『CD5』がどうやらお好みのようで、特にカラーパールホワイトベースのモノをが多いところで使うと、マジで入れ食いになる恐れがあるので注意が必要です←ちょっとしたコイコイ祭り状態になって、おそらく酷い目に合うから(;´д`)トホホ…

『CD5(カウントダウンファイブ)』 『ラパラ』 『汎用小魚型決戦兵器』 最終判断(ファイナルジャッジ)を下すための『逆パイロットルアー』 『CDL(カウントダウンリップレス)』 『山椒は小粒でピリリと辛い』的なルアー

関連記事

テーマ : ハードルアー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわです。
CD5は昔バス釣りで小バスと遊ぶ時によく使ってましたね。
使い方は着水後にひたすら高速リトリーブだけですが毎回入れ食い状態でした。
シーバスだと投げるロッドの都合上CD7がメインですね。
ちなみに僕の「逆パイロットルアー」はアスリート7Sのイワシカラーです。
これで釣れなきゃそこに魚は居ないと見切るために使ってるんですが、
こいつに変えた途端に食ってくるから結局登板回数増えて
あまりに釣りすぎるんで最近は封印してます。

No title

お久しぶりに書き込みさせていただきます。
実は最近、CDの底力と言うかポテンシャルに改めて気が付かされました。
CDは基本的に潜ろうとする力が強いのか一定の層を引きやすい上に
高速リトリーブでも水面から飛び出さない、動きが破綻しないと言う
スタビリティがスゴイですね。
その上、魚も良く釣れるのだから言う事なしです。
下手な国産ルアーだと高速リトリーブで水面から飛び出しますから。


こちらでは、今年は青物が渋いのですが僕はCD11で釣果を上げてます。
CD5は飛距離が出ないので使ってませんが、CD9だとダメなんですよね。
CD11だと何故か釣れるんですよ。
40~50cm位のサゴシが11cmのミノーに平気で食いついてきます。
波動と言うか水の撹拌と言うかが効いているのかもしれませんね。

CDの欠点と言えばバルサボディ故の耐久性の低さでしょうか?
ばんぱくさんも紹介していた補強チューニングを夜なべして行っている所です。


万年雑魚釣り師さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

自分も最近、CDシリーズは意図的に使用を避けるようにしているのですが、魚が出ないとやはりどうしても頼ってしまいます(^_^;)。アスリート7Sは対極的な動きのラパラとコンビを組ませて運用することが多いですね

カワウソさん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

CDシリーズの恐ろしいところはこの高いスピード追従性なんですよね。どんなに速く引いても水面を割ることがないので、水面直下を高速引きすることで魚にリアクション的に口を使わせるなんで芸当もできちゃいますしね

こちらだとCD11はなかなか出番がないのですが、晩秋のランカー狙いでCD11を投入するパターンがどうやらあるようです

歯の鋭いサゴシ相手だと、バルサボディはすぐボロボロにされそうですね。その昔、全身に滅茶苦茶丈夫なコーティング(殆どプラスチック並み)が施されたCD9が限定発売されたことがあったようですが、『セルロースセメントの積層コーティング+仕上げにエポキシコーティング、若しくはウレタンコーティング』を施すと相当頑丈な筐体になってくれそうです(アクションに多少影響が出るかも知れませんが)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。