スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SS!SS!SS! どいつもこいつもSS! なぜだ!なぜやつを認めてこのNSをみとめねえんだ!!』ってお話

今回のタイトルを見て、直ぐに『ピン!!』と来た方は、おそらく自分と同世代青春期『週間少年ジャンプ』を愛読していた方だと思います(笑)。所謂『北斗の拳世代』ってヤツ?

          amibakokoronosakebi.jpg

つー訳で、今回は『SS(シャロースプール)』『NS(ノーマルスプール)』のお話です

ルアーフィッシングの世界、特に『ソルトウォーターゲーム』の世界に於いて、『PEライン(もしくはブレイデッドライン)』メインラインの盟主となってから、既に10年以上が経ちますかねぇ。今では『PEラインでなければ、メインラインに非ず!!』といった勢いで、パンピーアングラーが最初からコンマクラスの極細PEラインメインラインとして使っているのも、ちっとも珍しくなくなりましたかね

          cardinal_stx_custom4.jpg

当然ルアーフィッシング(主にソルトウォーターゲーム)で使われるメインラインはどんどん細くなり、昔ほどスピニングリールのスプールラインキャパが必要とされなくなるのは自明の理。となると大量の下巻きが必要な『NS(ノーマルスプール)』は必然的に嫌われる訳で(下巻き作業そのものが結構面倒くさいし、何より巻いた下巻きラインが僅かながらデッドウェイトとなるため)。そこで満を持して登場したのが所謂『SS(シャロースプール)』。日本語で表記するところの『浅溝スプール』ってヤツですな

昔は当然のことながら、『SS(シャロースプール)』の方が圧倒的に少数派(マイノリティ)だった訳ですが、極細PEラインがどんどん普及して(特にルアーフィッシングの世界)、ナイロンライン&フロロカーボンラインと立場が逆転した今となっては、機種(モデル)によっては『SS(シャロースプール)搭載モデル』しか存在しないスピニングリールもあるほどです(何故か近年の『アブ・ガルシア』スピニングリールにその傾向あり)

          cardinal_stx_custom2.jpg

でもねぇ、これって自分みたいな『ナイロンライン&PEラインの二刀流スタイル』をとっているルアーアングラーにとっては、とてもとても困ってしまう事態な訳ですよ(´ε`;)ウーン…。何せルアーフィッシング(※バスフィッシングシーバスフィッシング)に於ける、ナイロンラインのある意味基準的な太さである10~12ポンドテスト(約2~3号)ライン必要ラインキャパを確保することが難しくなっちゃうので(-.-;)。『NS(ノーマルスプール)』下巻きラインエコノマイザー(昨今の若いアングラーは、その存在を知らん子も多いだろうなぁ)を使って『SS(シャロースプール)仕様』にすることはできても、その逆は絶対にできませんからねぇ(昨今では『ベイトキャスティングリールの世界』でも、軽量化を主目的に浅溝スプールを選択する国産機が増えてきているようですな(特に『ベイトフィネス対応』を謳っているモデル))

ルアーアングラーの全員が全員、『PEラインマンセーって訳ではないし、個人的には『SS(シャロースプール)が標準って、どうなのよ?』って思ってしまうのですがねー(特にスペアスプールさえも『SS(シャロースプール)』にしてしまっている、最近の『アブ・ガルシア』ってどうなのよ?そこは汎用性を考えて、やはりどちらかは『NS(ノーマルスプール)』にしておいた方がいいんとちゃうの?)

まあ、釣具業界全体にとっては、極細PEラインメインラインとして主流になってくれた方が、何かと都合がよいのかも知れませんが・・・(フィールド環境使い手の腕によっては、直ぐに駄目になる高価な極細PEラインがたくさん売れるとか、鋭利なストラクチャーやヘビカバで構成されているポイントに於いてのルアーロスト率が上がる⇒当然補充分のルアーが売れるとかネ。と最後に思いっきり毒突いてみる( ̄∀ ̄)ニヒヒヒ

『SS!SS!SS! どいつもこいつもSS! なぜだ!なぜやつを認めてこのNSをみとめねえんだ!!』ってお話 『SS(シャロースプール)』 『NS(ノーマルスプール)』 今や『PEライン(もしくはブレイデッドライン)』全盛の時代 コンマクラスの極細PEライン 『SS(シャロースプール)搭載モデル』しか存在しないスピニングリールもあるほど 『ナイロンライン&PEラインの二刀流スタイル』をとっているルアーアングラーにとっては、とてもとても困ってしまう事態 『SS(シャロースプール)が標準って、どうなのよ?』 最後に思いっきり毒突いてみる( ̄∀ ̄)ニヒヒヒ

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もノーマルスプールですね。
PE1.5号を200m巻こうと思うとシャロースプールはダメなんですよね。
ばんぱくさんのおっしゃる通りノーマルは下巻きすればなんとかなるわけだし・・・。
今どきの高級リールはシャロースプールしかなくてますます購入意欲がわかないんですよね。

カワウソさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

昨今のシャロースプールは、おそらくコンマクラスの極細PEラインの使用を最初から前提(基準)として、ある意味特化した形で設計されているのでしょうね

飛距離をあまり必要としないバスフィッシング等であれば、たしかにラインキャパは100メートルも必要ないのですが、これが遠投が必要とされる『大場所に於けるオカッパリからのソルトウォーターゲーム』となると、ライントラブルの発生等も考慮して、やはり少なくとも150メートル以上のラインキャパは欲しいところ

そうなると普段1号以上の太さのPEラインをメインに使っているルアーアングラーにとっては、極細PEラインにのみ特化した『シャロースプール搭載モデル』は当然ラインキャパが全然足りない無用の長物的スピニングリールとなってしまう訳で(-.-;)

カワウソさんも指摘しているように、どうも最近のハイエンド~ミドルモデルスピニングリールでこの傾向が見られ(意外にも『国内二大釣具メーカー』よりも、寧ろあの『アブ・ガルシア』が最近やたらとシャロースプール搭載モデルを強くプッシュしている模様)、釣具業界としてはどうしてもコンマクラスの極細PEラインの使用をデフォルトとして定着させたいようです(´Д`)

No title

エコノマイザーついてるリール持って行ったら店員が何を勘違いしたのか、
エコノマイザー外した上に普通に下糸巻いて来たでござる…。
という勘違いから説明するのも面倒くさくて普通にスプール持って行って下糸巻いてもらってます。
最近はシャロースプールが(特にエギングでは)当たり前なんでなんじゃこれ?って思われたんでしょうね。
実際下糸の重さなんて大して気にならないんでそのまま使ってます。

PHP研究所刊のアミバ天才手帳もってます。2011年度の手帳で全ページアミバの顔と名場面で散りばめられています。
レアなんで使わないで保存してます。
シマノの糸巻き表示は当てにならんのでノーマルスプールのほうがいいですね!

万年さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

と言うことは、今では釣具店店員でも『エコノマイザー』の存在を知らない人がいるということなんですかね?
流石に釣具店店員が『エコノマイザー』を知らないと言うのは、ちょっと勉強不足のような気もしますが…(^_^;)

因みに下巻きのデメリットはデッドウェイトになる他に、海で使った場合に稀に下巻き部分に海水が残ってしまい、スプールが腐食することがあるという点ですかね

ウイグルさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

また随分とマニアックなモノをお持ちですね(笑)。流石『ウイグル獄長』を名乗るだけのことはありますね( ̄∀ ̄)

そもそもライン自体、太さの規格が厳密に統一されている訳ではないので、SHIMANOに限らずスプールに表示されているラインキャパって、ホントに目安程度にしかならないことが多いです

No title

連投失礼します。
そ~なんですよ!!
エアノスに飽きたころアブのリールでも買って見ようかと思ったのですが
シャロースプールばかりでなんじゃこりゃ?・・・っと。
そのせいで未だにエアノス一辺倒です。
壊れないしエアノスとアビリオで十分と言う事で・・・。

カワウソさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

SHIMANOのリールは駆動系(ギア回り)は流石に本業だけのことはあり、性能・耐久性ともに優秀ですからね(その代わり、カラーリング&デザインセンスが頂けませんが…(特にエントリーモデル))。新機種の『サハラ』なんて、ハンドルに『マシンカットハンドル』を採用しただけで売れ行きが全然違うと思うのですが、下位モデルの『アリビオ』『エアノス』と同じ形状のハンドルでは、とても売れないでしょう(どうも昨今のSHIMANOはエントリーモデルを意図的にダサいカラーリング&デザインにして、ユーザーに上位モデルを買わせようとしてるとしか思えません)

『アブ・ガルシア』はかなりルアーフィッシングを意識して、最近の低価格帯スピニングリールは『シャロースプールオンリー』という思い切った市場戦略に打って出ているようですが、肝心の商品(低価格帯モデル)がどうもルアーフィッシングに対応できていないようです
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。