『結局コイツを買いました( ̄∀ ̄)』

実にリアルタイムに近い、昨日のお話

ここ二週間近く、痛み違和感で自分を悩ませ続けた、右下顎親知らず抜歯痕抜糸(←何かややこしいな)が漸く完了し、気分晴れやかにそのままの足で都内まで出動

で、某有名中古釣具店まで赴き、いつものように店内の品々をチェックしていると、ガラスのショーケース内に自分好みカラーリング&デザイン小型スピニングリール(中古品)を発見(『SHIMANO/ヴァンキッシュ』にちょっとテイストが似ているかも・・・)

           moblog_e2aa0ca5.jpg

早速手にとって弄り回してみると、どうやら以前のオーナーが殆ど使わないうちに売りに出したようで、駆動系外見もほぼ『新古品』といっていいほど、問題になるようなダメージらしきダメージは一切確認できず・・・

『はて?何処のメーカーのスピニングリールなんだろう?』と思い、スプールを見るとそこには『RYOBI』の文字が・・・なにっ!『RYOBI(リョービック)』のスピニングリールだとっ!!←実は『RYOBIスピニングリール信者』だったりする(^_^;)

           moblog_7e89a4eb.jpg

早速その場で携帯を使って、リールの素性を調べてみると、どうやらかつて『RYOBI(リョービック)』から発売されていた『Newザウバー(前期モデル)』後継機という位置付けらしく、『OASYS』という名前のスピニングリールらしい(『OASYS』と書いて、カタカナで『オアシース』カタコト日本語的な読ませ方をさせるのは、おそらくは商標絡みの問題かと思われる)

で、リールに付いていた肝心の値札を確認すると、そこには『税込み1,296円』という数字が・・・。この時点でお持ち帰り決定です

さて、国内二大釣具メーカー同サイズの低価格帯スピニングリールと比べると、些か本体重量が重いようですが、その分造りは割合にしっかりしているようです(もちろん『メイド・イン・チャイナ』製)。本体材質はその昔、『ミッチェル』から発売されていた『ミッチェルXeシリーズ』と同じく強化樹脂製と思われ、敢えて塗装は施さずに樹脂本来の色を活かすという、『コストカット』を意識したであろうと思われる設計思想が見てとれます。因みに細かい仕様・スペックは以下の通り


《OASYS1000基本スペック》
●ギヤー比:5.0:1
●釣力(ドラグ最大):2.5kg
●自重(g):276g
●標準巻糸量(ナイロン):1.5号(6lb)-150m/2号(8lb)-115m/3号(12lb)-80m
●内蔵ボールベアリング:4個


           moblog_56c84c66.jpg

《OASYSシリーズのセールスポイント》
■極太ベール ジュラルミンを使用することによって、ラインに優しく強度に優れた極太ベールを実現
■カーボン強化アルミスプール採用
■高性能ドラグ
 ドラグワッシャーの面積を拡大したことで、高耐久かつスムーズなドラグの性能を実現。ライトライン使用時に求められる精度の高さ、ヘビーライン使用時に求められるドラグ強度の高さをハイレベルにクリア
■超ファインピッチドラグ
 超微細ピッチドラグノブクリック(50ピッチ/1回転)とベンドワッシャースプリングの採用により、どのレンジでも微調整が可能。また、スプールクリックのピッチを細かくしたことによってスムーズなドラグの滑りを実現
■フリクションリターン機構
 ベールを起こした時に軽いブレーキがかかり、ゆったりとしたサミングゾーンを確保。キャスト時に起こりがちなベールの振り落ちを防止するとともに、ベールキックを滑らかなものにしている
■ニューRFO 平行巻きと耐久性、耐衝撃性を実現



           moblog_2f882a97.jpg

『Newザウバー(前期モデル)』後継機、そしておそらく『Newザウバー(前期モデル)』コストダウンモデル的な位置付け廉価版製品でありながら、一部では『Newザウバー(前期モデル)』が抱えていた、いくつかの問題点をさりげなくクリアしている設計『Newザウバー(前期モデル)ユーザー』としては、非常に評価できる低価格帯スピニングリールですね。特にオシュレートシステムを色々と問題が多かった『スローオシレーション』から、シンプルかつ信頼性の高い『ニューRFO(RFO)』に戻したのは、個人的に評価高しです

           moblog_2216d30c.jpg

その他の実釣性能の評価については、実際に釣りに使ってみるまでは持ち越しですが、もし何の問題もなければ、カラーリング&デザインセンス的には自分の好みと云うこともあり、2000~3000番台モデルの購入も検討しようと考えています(もっとも今でも販売中であることが前提ですが・・・。因みに実売価格でも、5,000円でお釣りがくるような、如何にもJSYオリジナルブランドらしい商品のようです)

『結局コイツを買いました( ̄∀ ̄)』 OASYS1000 『RYOBI(リョービック)』 JSYオリジナルブランド商品 低価格帯スピニングリール 『Newザウバー(前期モデル)』の後継機 コストダウンモデル 『税込み1,296円』

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

まさに今さっき何ヶ月かぶりにJSY行ってきたとこですが、オアシースは3500円位でした。
アプローズもまだ売ってました。
ザウバー、アクティカはありませんでした。
ケンクラルアーも赤いシャローバイブだけありました。

No title

リョービといえばバス釣りを始めた頃に「サイノス」というエントリー機を買ってもらったのを思い出します。
ただこのサイノス、樹脂製で軽く、お値打ち価格なのは良いのですが剛性がイマイチで、
1年ほどでスプールとローターがガタガタになってしまい、その後もだましだまし使ってたものの、
結局耐え切れずにお年玉貯金を崩して型落ちのバイオマスターを購入しました。
(今なら摩耗したナットやネジをネット通販で取り寄せたり、中古店のジャンク品をニコイチにとか
別の選択肢もあった気がしますが。)

ウイグルさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

NEWザウバーは初期モデルもZRもどうやら廃盤になったようですね

ブログにも以前書きましたが、先日都内のJSYに行った際には、リョービックのリールは一台も置いてありませんでした(辛うじてSZMのリールが数台置いてあったくらい)

『アプローズ』もWebカタログ上では既に掲載されていないのですが、地方のJSY店舗には、まだまだ残っているようですね

万年さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

『サイノス』とはまた懐かしいですね( ̄∀ ̄)。このリールはどちらかと言うと、頻繁にリーリングを行わない餌釣りとかで使用するのに向いたスピニングリールですかねー

ルアーフィッシングだと、リーリングを頻繁に行う都合上、どうしてもある程度の駆動系の耐久性と、ストレスを感じさせないレベルの滑らかな回転性能は求められてしまいますね(特に日本市場では)
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード