『ラバージグ=バスフィッシング専用ルアー?』

バスフィッシングに於いては、葦やボトムの障害物回りといった、様々なカバー際を攻略するのに
もはや欠かせない必須ルアーとも言える

150124_1807~01
『ラバージグ(RUBBER JIG)』

大抵は『ラバージグ』単体ではなく、『クローワーム』などのトレーラーと組み合わせて使用され
自分もその昔、牛久沼水系に通っている頃は、『ラバージグ』にそれはそれはお世話になったものです

その優れた対カバー性能故に、『ソフトベイト』に次いで、未帰還率(ロスト率)が総じて低く
コストパフォーマンスが高い点も、まだ『中古ルアーショップ』というモノがなかった時代には
大変ありがたい(T人T)存在でありました

ところでこの『ラバージグ』、実質的にほぼバスフィッシング専用ルアーじゃね?と思っているのは
自分だけでしょうか?

今では確かに、バスフィッシング以外でも、海でのロックフィッシュゲームクロダイゲームに於いて
『ラバージグ』もしくは類似する『派生系ルアー』を用いて、実績を上げているロコアングラーの方も
おられますが、どちらかというとマイノリティであることは否めないかと(^_^;)

FWゲームに於いても、バスフィッシング以外で『ラバージグ』を活用して、華々しい実績を上げている
なんて話も正直あまり聞いたことがありませんし・・・

150124_1810~01

いわゆるカバー狙い的なスタンダードな使い方だと、狙える獲物も限られてきそうですが、中層を泳がせる
マキラバや、同じく中層を跳ねさせるホンガリング、ボトムからエギングのように『ラバージグ』を跳ねさせる
ハネラバなどの使い方なら、バスフィッシング以外でも、活躍の場がグッと広がりそうな気がしますね

あと、SWゲームだとどうしても『錆の問題』がついて回るので、使用後に『ラバージグ』を即真水で洗浄できるような
条件下での使用でないと、哀しいかな事実上の『使い捨てルアー』になりがちな予感(´ε`;)ウーン…

150124_1808~01

全体がに強い素材で出来ている&一部の『ラバージグ』で取り入れられている『フック交換が可能』なタイプの
モノが増えると、SWゲームにおける『ラバージグ』可能性が広がるかも知れません

小型のエビをイミテートした『スモールラバージグ』なんて、マイクロベイトに狂っているシーバスなどに何気に
効果がありそうな気がするのですが。軽量故の飛距離の問題等は抜きにして・・・(^_^;)

ま、何も無理してまで『ラバージグ』を使う必要もないんですけどね('∀`) アハハハ…

『ラバージグ=バスフィッシング専用ルアー?』 『ラバージグ(RUBBER JIG)』 様々なカバー際を攻略するのに もはや欠かせない必須ルアー バスフィッシング以外でも、海でのロックフィッシュゲームやクロダイゲームに於いて実績あり マキラバ ホンガリング ハネラバ 他のゲームフィッシュに於けるラバージグの可能性

関連記事

テーマ : ワイヤーベイト
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード