スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『直付けの意味とは?』

本日二回目の投稿記事。今回は自分がルアーフィッシングを長年プレイしていて、疑問に思っていることの一つ

jikadukefuck.jpg
『直付けフック(トレブルフック)の存在』

特にバスフィッシングで使うトップウォータープラグや所謂オールド系プラグに多い、フック取り付け方法かと思われますが、『スプリットリング』を介さずに直接フックアイ(ヒートン)『トレブルフック』を取り付けているタイプですね

ま、大昔のルアーフック直付けが多いのは、おそらく単に『スプリットリング』なるものがまだ発明されていなかった、もしくはあまり普及していなかったからであろうことは何となく解るのですが

現代に於いても、頑なにフック直付けに拘っているルアー(ハードベイト)が一部ある理由が、個人的によく分からんのですよねーσ(´・ε・`*)

一説には『トレブルフック』が不用意に暴れて、ボディを必要以上に傷付けないためとか、ルアーアクションの制御のためとかいう話を聞くのですが、魚が実際に掛かった時のことを考えると、『スプリットリング』を介した方が、フックの動きの自由度が上がって、魚とのやり取り的には断然有利だと思うのですが

そして・・・何といっても『フックの交換』が簡単に出来ないという点が、フック直付けの最大の欠点と自分なんかは思う訳ですよ。よしんばヒートンを上手く開いて『トレブルフック』を交換できたとしても、その時点で金属疲労により、開いたヒートンの強度が間違いなく落ちる訳で(;´д`)

んー、やっぱりメリットよりもデメリットの方が大きすぎて、敢えて直付けを採用する理由が理解できん

おそらく明確な理由があるからこそ、敢えて未だに『フックの直付け』というスタイルを採用していると思うのですが

でも・・・真実『スプリットリングをいちいち使って、フックをつけるのが単に面倒だから』という安直な理由だったら、失笑するしかないですな( ̄▽ ̄;)

『直付けの意味とは?』 『直付けフック(トレブルフック)の存在』 自分がルアーフィッシングを長年プレイしていて、疑問に思っていることの一つ 『スプリットリング』を介さずに直接フックアイ(ヒートン)に『トレブルフック』を取り付けているタイプ 頑なにフック直付けに拘っているルアー(ハードベイト)が一部ある理由が、個人的によく分からん 『フックの交換』が簡単に出来ないという点が、フック直付けの最大の欠点 メリットよりもデメリットの方が大きすぎると思う 『フックの直付け』に拘る明確な理由があるハズ

関連記事

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

これ、僕も不思議だったんですよね。
意味は別になく、昔ながらのスタイルで続いてるだけかな、って感じで思ってました。

サラとかは僕はフック交換時にスプリットリングつけたりしてます。
もしかして、だから釣れないの?(笑)

Re: No title

>タカヲさん

アレって値段そんなものなのですか
お店でちょっと現物を見てみますね

Re: No title

FJさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます
こちらでは久しぶりですね(笑)

> 意味は別になく、昔ながらのスタイルで続いてるだけかな、って感じで思ってました。

未だにアメリカンルアーのトップウォータープラグやクランクベイト、バイブレーションで
ヒートン直付けフックがあるところを見ると、おそらく何らかの意味があると思うのですが

> ザラとかは僕はフック交換時にスプリットリングつけたりしてます。
> もしかして、だから釣れないの?(笑)

アクションが多少変わる可能性はありますが、釣果を左右するまでには到らないかと
寧ろ魚がフッキングした後は有利に働くと思います

No title

 フック同士が絡まないように最大限フックサイズを上げておくことが魚を逃すリスクを減らすという考えからでしょうね。スプリットリングを入れてフック同士を絡まないようにするには、フックサイズを落とすことになり、結果的にフックのギャップ(フトコロ)が小さくなって魚を逃す可能性を上げてしまいます。
 現在はエキストラショートシャンク・ワイドギャップ・フックが複数流通していますが、昔はトレブルフックでそのようなバリエーションがそもそも無かった背景などを考察すればおのずとそういった結論が出るのではないでしょうか。

 それでもZell RowlandはZara spookにはスプリットリングを入れることが必須であると言い、実際にスプリットリング+エクスキャリバーフック仕様のZaraを販売したことがあります。魚を掛けた後にスプリットリングの遊びがある方がバレる確率は圧倒的に少ないと話す彼のこだわりでした。
 Rick Clunnはリップレスクランクについて、フック同士が絡もうが関係なしにフックサイズを上げることを推奨していました。それが魚を逃さない最も有効な手段だと話しています。リア側のフックサイズを落として絡まないようにしたり、フロント側にサイズの大きめのトレブル1本にしたものの方が圧倒的に使い易さは上であることを承知で、それでもフックサイズを上げ絡むことが当たり前であるとし、絡めばその度に外す手間をかけることも承知で重要な1尾を逃したくないという考えです。
 直付けもスプリットリングも、どちらにも利点がありますし、その利点があれば欠点があります。相対的に見てどちらの利点を選択するかということが大切ですね。直付けの利点はロングシャンク・フックを使用できることか、ワイドギャップ・フックの1サイズ程度は大きなフックが使えるというところです。その利点の使いどころが理解できないと恐らく意味不明な不要な仕掛けになると思います。

 それでも考えてみてください。恐らく今現在、日本でフック同士が最初から絡むようなトレブルフックを装着していたルアーが販売されていたら文句や批判が出ると思います。それがデザイナーとして、アングラーとしてせっかく苦労して掛けた1尾を逃して欲しくないという心意気からそうしていたとしても理解されないのではないでしょうか。消費者の理解とはそのようなものです。フックのヒートンへの直付けはそういった絡むトラブルをゼロにしつつ、魚を逃しにくい大型のフックを採用するという、販売するにあたって誰が使うかわからない、初心者が使っても大丈夫なようにするための必要な仕掛けなのです。そこからスプリットリングを入れたり工夫するのは、利点と欠点を理解している人がやる世界で、全く別世界になるというのが結論ではないでしょうか。

Re: No title

arb1200さん、おはこんばんちは。お久しぶりです。
コメントありがとうございます

・・・っていうか、もはやコメントのレベルのテキスト量じゃないですね、コレは(苦笑)
寧ろ記事として掲載したほうがいいと思う。いや、そうしてみます(爆)

因みに自分が何故ヒートン直付けフックを好まないかと云えば、記事中でも書きましたが
SWゲームを中心にプレイしている関係上、フックが錆びた場合に簡単に交換できない
この一点につきます
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。