『ペン型ロッドの怪しい世界』

ここ最近、我が輩の心を掴んで離さない夢のフィッシングアイテム(嘘)

480prod.jpg
いつでもどこでも手軽にフィッシング!!『ペン型ロッド』

よく通販やネットショップで見かける、少し大きめの万年筆型で、伸ばすと全長120~150cmになる、非常にコンパクトなテレスコピックタイプのモバイルロッドですな。まあ、収納サイズがサイズなんで、スペック的なモノを決して期待してはいけない、所謂『ネタアイテムの一種』と考えた方がいいでしょうね(^_^;)

さて、このペン型ロッド、自分が思っていた以上に複数のメーカー?から、様々なタイプのモノが発売されているようで、その中でも比較的信頼性が高いのは、どうやら『ダナイブロス』というメーカーから発売されているモノのようです(他メーカーのモノに比べると二倍近く高い)。まあ、あくまで『ペン型ロッドの世界』に於いての話ですけどね

dbr.png

そもそも収納サイズを万年筆に近い長さに収まるように設計すること自体、ロッドとしては相当無理があるらしく、どうしてもブランクスを構成するカーボンシートを薄くせざる得ないため、掛かった魚を抜き上げるなどの無理をすると、いとも簡単にポキンと折れてしまうことも多いようです(^_^;) 

また、リールシートも当然ペン型ロッド専用にコンパクトさ最優先で設計されているため、付属の専用小型スピニングリール以外はセットすることすらできない仕様となっているようですな(リールフットの両端部分をヤスリで削るなどして加工すれば、何とかセットできないこともないようですが・・・)

上記で説明した通り、釣具(フィッシングタックル)としては、最低限のスペックしか有していない代物な訳ですが、それでも未だに各メーカーから類似商品が販売されているということは、それなりに商品としての需要があり、面白がって購入する消費者がいるってことなのでしょうね。まあ、確かにその極限まで追求されたコンパクトさは、何だか捨てがたいものがありますし、ちょっとしたお遊びで小物相手に使うには面白いアイテムですしね

ある程度の実釣力を備えたものを望むのであれば、『TRGR CHIBI』『TRGR NANO』といった、ちゃんとしたコンパクトモバイルロッドの方をオススメしますが、敢えてロッドとしてのスペックには目を瞑り、こういったネタアイテム的なタックルで釣りを楽しむというのもアリかも知れませんね イェ━━ "v(。ゝ∀・。)o━━イッ!!!

『ペン型ロッドの怪しい世界』 いつでもどこでも手軽にフィッシング!! 少し大きめの万年筆型で、伸ばすと全長120~150cmになる、非常にコンパクトなテレスコピックタイプのモバイルロッド 『ネタアイテムの一種』 『ダナイブロス』 極限まで追求されたコンパクトさ 『TRGR CHIBI』 『TRGR NANO』

関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「ペン型ロッド」でYahooで検索かけたら私のブログが2番目にヒットしてました。(大汗)
(1番はAmazonでした。流石です。)
きっと、ばんぱくさんもブログをご覧になったと思われますが、お恥ずかしいかぎりです。
ペン型ロッドには男心をくすぐる怪しい魅力が満載ですよね。
私も2年ほど真面目に使用してましたが、限界を感じ今は使用しなくなりました。
やはり、耐久性が不安で1kg以上の魚がかかると竿が折れてしまいます。
かといってドラグをユルユルにすると魚の走りを止められずに根に潜られる事が良くありました。
(専用リールはドラグの調整幅が狭いのです。ほとんどONとOFFみたいな。)

ペン型ロッドで仕留めた最大の魚は「60cm級のニゴイ」でした重さは2kgと言ったところですが同じサイズのシーバスや鯉がかかった時は走りを止められずに取りこめませんでした。
その後、4000円程度のルアーロッドを使用した時は使いやすくて感動したものです。

でも、30cm位の魚を相手にするのにはなかなか楽しめると思います。
一応、釣り道具としての最低限の機能はありますし判る人が使えば面白い道具だと思います。
なんだか、また道具箱から引っ張り出したくなって来ました。

Re: No title

カワウソさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

> 「ペン型ロッド」でYahooで検索かけたら私のブログが2番目にヒットしてました。(大汗)

おおっ、あのブログの管理人はカワウソさんでしたか。非常に興味深く、面白い内容でした


> 私も2年ほど真面目に使用してましたが、限界を感じ今は使用しなくなりました。
> やはり、耐久性が不安で1kg以上の魚がかかると竿が折れてしまいます。
> かといってドラグをユルユルにすると魚の走りを止められずに根に潜られる事が良くありました。

やはり携行性を最優先してしまうと、どうしても強度や性能にしわ寄せがきてしまうのはどうしようもないようですね

> でも、30cm位の魚を相手にするのにはなかなか楽しめると思います。
> 一応、釣り道具としての最低限の機能はありますし判る人が使えば面白い道具だと思います。

あくまで小物専用ロッドとして使う分には、かなり楽しめそうなアイテムですね。あの究極の携行性はやっぱり魅力ですよね。近所の小物釣り専用に1本買おうかなぁ

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード