スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても悪者にしたいらしいです

釣ったブラックバスを車に=「彼女に見せたかった」、男逮捕-奈良県警

特定外来生物のブラックバスを生きたまま車に運んだとして、
奈良県警吉野署は19日、特定外来生物法違反容疑で大阪市生野区生野東の
電気工事士中田盛央容疑者(42)を現行犯逮捕した。容疑を認め、「釣った魚を
彼女に見せたかった」と供述しているという。

ブラックバスは特定外来生物に指定されており、生態系を壊す恐れがあるため、
運搬や飼育が同法で禁止されている。県警によると、生きたバスを運んだとして、
逮捕されたのは全国でも珍しいという。

逮捕容疑は、同日午前11時10分ごろ、奈良県下北山村の池原ダムで釣った
ブラックバス2匹を生きたまま、水を張ったクーラーボックスに入れ、車に運搬した疑い。

同署によると、池原ダムはバスの釣り場として有名で、中田容疑者は、
18日から彼女と釣りに来ていたという。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009081900856
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090819-00000159-jij-soci
http://eco.goo.ne.jp/news/goonews/detail.html?jiji-090819X320


「悪法もまた法なり」なので、確かに特定外来生物法違反を犯した、この男性が今回は全面的に悪いのですが

果たして実名報道する必要性が、本当にあったのでしょうか?

日本のマスゴミの犯罪者に対する、匿名性の基準は、もはやまともに機能していないとしか思えません

どうもルアー業界やバスアングラーに対する見せしめというか、スケープゴートにされた感が拭えませんね

それにしても

『ブラックバス=日本古来の生態系を壊す悪しき存在』

というステレオタイプの図式に、相変わらず終始する、日本のマスゴミの報道姿勢はなんとかならないのでしょうか?

もっと他に糾弾・報道すべきニュースが沢山あると思うのですが…

こんな調子だから、日本のマスコミは、いつからか自然と『マスゴミ』と揶揄されるようになったのでしょうね

本当に弱い者イジメと世論誘導、偏向報道しかしてないもんなぁ。自分たちの大事なスポンサー様や大手芸能事務所、身内が起こした事件や不祥事については、まず叩かないし、触れたとしても軽く流すだけで済ますしな(下手すると擁護に回る始末)

こういう報道を見るにつけ、今の日本って、どんどん『ディストピア』への道を進んでいる風にしか思えなくなってきました

特定外来生物法違反 ブラックバス マスゴミ

関連記事

テーマ : バスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとうございました。
ジャンルは違っても、釣り業界にとっては逆風のことばかりですね。

なんだかんだ言っても捕まった人は、
法を犯してしまった訳だから、致し方ないかと。
(ところで誰が通報したのかな・笑?)

それより多摩川にいる1m超のガーパイクが、
全く出て来ないのはなぜ?
かなり話題になってるはずだけど。。。

バス・ギルより熱帯魚をまず規制しやが(`・ω・´)

ガーパイクの新聞記事画像もってますよ、
こっちでアップしませうか?

初犯ではないのか?

こんばんは。

この事件の実名報道にはビックリしました。
違反を犯したことに違いないのですが、
ちょっと考えさせられる事件です。

いつも拝見させていただいてます。
実名報道の境界は確かにあいまいですよね。
しかし、そもそも持ち運ばなければこういった事態にならなかったわけですから逆に言えば蜜放流を行う悪玉バサーへの強い警告になりうると思うのです。
この問題は性善説に立てないというのが社会からのテーゼなのではないでしょうか?

船酔い船頭さん、こんにちは。コメントありがとうございます

> ジャンルは違っても、釣り業界にとっては逆風のことばかりですね。

本当にそうですね。特定外来生物法然り、ソーラス条約改正然り
釣り業界にとっては、風当たりの強いことばかりが、ここのところ
続いていますね。残念なことです

U-dutchさん、こんにちは。コメントありがとうございます

> なんだかんだ言っても捕まった人は、
> 法を犯してしまった訳だから、致し方ないかと。
> (ところで誰が通報したのかな・笑?)

「悪法もまた法なり」なので、なし崩し的に決められた法であっても、破ってしまった以上は
捕まってしまっても、現状では仕方ないかと思います
ただ実名報道する必要があったのか?という点では、大いに疑問が残ります

つい先日ですが、テレビ朝日社員の30代男性プロデューサーがタクシー無賃乗車という
ニュースが報道されましたが、実名報道は一切されませんでしたよね?
どちらが悪質かといえば、明らかにこちらの方が悪質で、社会的制裁を加える意味でも、
実名報道すべき内容でしょう

要するに、マスゴミの都合がいいように、犯人の匿名性を使い分けているんですよね

> それより多摩川にいる1m超のガーパイクが、
> 全く出て来ないのはなぜ?
> かなり話題になってるはずだけど。。。
> バス・ギルより熱帯魚をまず規制しやが(`・ω・´)

多摩川って、今では飼いきれなくなった大型熱帯魚や肉食性熱帯魚の投棄場所となっている
らしいですね。殆どの熱帯魚が日本の冬を越せずに死滅してしまうため、まだ大きな問題には
なっていないようですが、低水温に対応できる一部のガーパイクや、日本の自然環境に適応して
既に定着しているものもいるらしいので、数年後には大問題となるかも知れません

熱帯魚の規制自体は、ワシントン条約でも絡んでこないと難しいと思います。少なくとも釣り業界
よりは、市民権を得ていますので

benkeiさん、こんにちは。コメントありがとうございます

> ガーパイクの新聞記事画像もってますよ、
> こっちでアップしませうか?

自分もいくつか持っています(元アクアリストなんで)。多摩川では、釣り人によってメーターオーバーのガーパイクが実際に釣り上げられたり、琵琶湖では設置された定置網に掛かったりしているようですね

Re: 初犯ではないのか?

チョビンさん、こんにちは。コメントありがとうございます

> この事件の実名報道にはビックリしました。
> 違反を犯したことに違いないのですが、
> ちょっと考えさせられる事件です。

初犯だからとか、違反だった事を知らなかったとかいう理由で、この男性を擁護するつもりはないのですが
この件でのマスゴミの実名報道は、明らかにやりすぎだし、ある種の悪意を感じます
本来、実名報道すべき犯罪者に対しては、何故か実名報道しないくせに…

むとうさん、はじめまして。コメントありがとうございます

> 実名報道の境界は確かにあいまいですよね。

あいまいというか、明らかにマスゴミが都合のいいように使い分けていますよね。例えば、同業者が無賃乗車や痴漢行為を働いても、「○○局社員、無賃乗車」とか報道されるだけで、実名報道は殆どないですよね。これがもし自社の大手スポンサー企業絡みだったらなおさらで、下手すればそのままニュース自体を握りつぶす可能性もある訳で…。あと政財界に大きな力を持つ宗教団体絡みだと、実名報道を避ける傾向にありますね

> しかし、そもそも持ち運ばなければこういった事態にならなかったわけですから逆に言えば蜜放流を行う悪玉バサーへの強い警告になりうると思うのです。

この男性が明らかにバスの密放流を企てて…というなら話はまだ分かるのですが、ニュース内容を見た限りでは、現時点で実名報道の必要性はなかったように思われます

> この問題は性善説に立てないというのが、社会からのテーゼなのではないでしょうか?

だとすれば、原則すべての犯罪者は実名報道としなければ、公平性が保たれないように思われます

同じ大阪人としては、気の毒ですが少し笑ってしまいました。

釣り関係では、最近立ち入り禁止区域への侵入で釣り人が、検挙されるという話がニュースになっていました。

確かに、最近は釣りが出来る護岸が極端に減り、私も身に覚えは有るのですが、実際問題で釣り師のゴミ問題は湾岸関係者には深刻だそうです。

ガーパイクは、私も大阪の川で見てビビった話を、過去に自分のブログに書いた事が有り、繁殖はしないまでも、そのルックスはいかんやろと思いました。

ブルフロッグさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 釣り関係では、最近立ち入り禁止区域への侵入で釣り人が、検挙されるという話がニュースになっていました。
> 確かに、最近は釣りが出来る護岸が極端に減り、私も身に覚えは有るのですが、実際問題で釣り師のゴミ問題は湾岸関係者には深刻だそうです。

自業自得とは言え、内水面といい、海といい、釣り人受難の時代ですね。どうも釣り人には、常に監視の目が光っているようで

> ガーパイクは、私も大阪の川で見てビビった話を、過去に自分のブログに書いた事が有り、繁殖はしないまでも、そのルックスはいかんやろと思いました。

北米産のガーパイク(アリゲーター・ガー)は低水温・汽水に対する耐性があるようで、体が丈夫な上に病気にも強くて長寿、空気呼吸も可能ため、今後更に生息域を広げる可能性は否めません(現在、琵琶湖で自然繁殖が確認されているそうです)。最大の物は体長3メートル近くにもなり、そうなるともはや内水面の生態系では、最強の存在になるでしょうね
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。