スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランカーシーバスゲットへの道

ボートシーバスって、数を釣るのは極めて簡単なのだが(キャプテンの腕によって、かなり左右されるけど)、ランカーシーバスのみを釣るのは案外難しい

何故ならどうしても先に、セイゴフッコサイズがヒットしてしまうことが多いから

      0329ボートシーバス釣行

正直ランカーシーバスだけに狙いを絞るなら、オカッパリの方が難易度が低いと個人的には思っている(狙う条件を絞りやすい)

そこで以前、ボートシーバスのプロフェッショナルにして、シマノインストラクターの『辺見哲也』氏に、爆チャンを通じて『ボートシーバスでランカーシーバスをゲットするにはどうしたら良いか?』と質問したことがあった

辺見氏曰く

・照明のない真っ暗でシャロー、ストラクチャーが絡むポイントを狙う
・潮が動き出す寸前、及び止まりかけの時間帯を狙う


とのことだった

同様の質問を、現アブ・ガルシアのフィールドテスターにして、元メガバスのフィールドテスターだった『ジェイソン・フェリス』氏にしたところ

・ボトム付近を中心に攻めてみる
・シーバスが今まで見たことがない(=学習していない)新作ルアーを投入する
・ランカーシーバスを釣るのは運(笑)


とのこと

回答をまとめるとこう

・照明のない真っ暗でシャロー、ストラクチャーが絡むポイントを狙う
・潮が動き出す寸前、及び止まりかけの時間帯を狙う
・ボトム付近を中心に攻めてみる
・シーバスが今まで見たことがない(=学習していない)新作ルアーを投入する
・ランカーシーバスを釣るのは運(笑)


まあ一番最後の意見は冗談(且つある意味、真実)だとしても、そのほかの意見は、なかなか的を得ていると思う

要はセイゴ・フッコが釣れるパターンを敢えて外すというのが、ランカーシーバスにのみ狙いを定めるキモなのだろう

ただこの釣り方をすべてボートシーバスゲームで実践するとなると、なかなかストイックな釣りになるような気もする(笑)

ランカーシーバス ボートシーバス 狙って捕る

関連記事

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ごもっともです。
ボートシーバスで大きいのを狙ってとるのは難しいですよね。
もしキャプテンが乗船前に、
「90アップが一匹釣れるか釣れないかの釣りをするか、それとも50~60の数釣りをするかどちらがいい?」
と言われたら自分は後者を選んでしまいそうです。(頻繁に船なんて乗れないし・・・)


バッカスさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> ボートシーバスで大きいのを狙ってとるのは難しいですよね。

ボートシーバスだと、どうしてもシーバスの群れを追っていく
釣りになりますからね。セイゴやフッコの群れから、ランカー
だけを狙って釣るのは、なかなか難しいです

> もしキャプテンが乗船前に、
> 「90アップが一匹釣れるか釣れないかの釣りをするか、それとも50~60の数釣りをするかどちらがいい?」
> と言われたら自分は後者を選んでしまいそうです

自分も高い料金を払っている以上は、後者を選ぶと思います
決してリーズナブルな金額の遊びではないですから
そうなると個人で工夫して、ランカーを狙うしかないですよね

以前76cmのシバスを釣ったときに、周りがボイルしまくりだったにもかかわらず
私の半径20m位は全然反応しませんでした。

シャローだと周りに溶け込む服装なんかも重要なんでしょうね
(こればっかりは数を釣っていないためよく解りませんが)

ご無沙汰してます。
お二人のプロの答えは、無難というかどこでも通用する答えですね。
もう少しディープな話を聞いてみたいです。

> benkeiさん

> 周りがボイルしまくりだったにもかかわらず
> 私の半径20m位は全然反応しませんでした。
> シャローだと周りに溶け込む服装なんかも重要なんでしょうね

これには諸説色々ありまして、「着ている服の色が関係する」という人
もいれば、「服の色はまったく関係ない」という人もいます
服の色よりもポイントまで魚に気付かれることなく接近するストーキング
技術の方が、オカッパリゲームではかなり重要かと思われます

WASSYさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます

> お二人のプロの答えは、無難というかどこでも通用する答えですね。
> もう少しディープな話を聞いてみたいです。

あ、辺見哲也氏の回答には、実は補足がありまして

『潮が動き出す寸前、及び止まりかけの時間帯で、なおかつセイゴ・フッコ
サイズの喰いがたつ前、及びセイゴ・フッコサイズの喰いが収まってきた前
後がランカーサイズを狙う絶好のチャンス』とのことでした

何でもランカーサイズは、セイゴ・フッコサイズと意図的に捕食タイムをずら
しているのでは?という考えから導いた結論だそうです

ジェイソン・フェリス氏がシーバス釣ってる番組を見たことがありますが、極小シーバスが群れてるところに何度も何度もキャストして、一旦別の場所へ行ったものの、結局そこへまた戻ってきてキャストを繰り返していました。
小さくても釣れないよりはマシと思ったのか、それとも『ランカーシーバスを釣るのは運』ということなので、50本釣れば1本くらいデカイのが……という賭けだったのでしょうか(笑)

> FishingJunkieさん

> ジェイソン・フェリス氏がシーバス釣ってる番組を見たことがありますが、極小シーバスが群れてるところに何度も何度もキャストして、一旦別の場所へ行ったものの、結局そこへまた戻ってきてキャストを繰り返していました。

ジェイソン・フェリス氏には2、3度実際に会って話をしましたが、気さくな
アメリカのお兄ちゃんでしたよ。元々は在日米軍の軍人さんだったのが
シーバスに嵌ってしまい、日本に移住して結婚し、一時期は奥様の実家
である、魚屋さんで働いていたというちょっと異色の経歴の持ち主です
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。