スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色の差

といっても『ルアーカラー』の話ではなく、ルアーフィッシングをプレイする際のアングラーの服装の色についてのお話

渓流釣りの真髄に『木化け石化け』という言葉があります。人の気配に敏感な渓流魚に、存在を悟られないように気配を消し、周囲の草木や石と同化する釣り人の極意を指す言葉なのですが(たしか『釣りキチ三平』でも取り上げられてましたね)、当然のことながら服装の色も、周囲の自然に溶け込むようなカモフラージュ色を選んだ方がベターな訳で

対してルアーフィッシングでは、こと服装の色に関しては、だいぶアバウトというか、かなり無頓着な気がするのですが(ルアーフィッシング用ウェアにしても、カモフラージュ色よりも、寧ろ原色を多用した派手なカラーが何故か多いような気がするし(;・∀・)

この事を疑問に思い、以前、某釣り関係のウェブサイトで『ルアーフィッシング時の釣り人の服装の色が、魚に警戒心を持たせたり、プレッシャーを与える事はないのか?』という質問をしたことがあるのですが、その時の回答は『時間帯や釣り場の水質の状況、魚の活性による』という何とも玉虫色の回答で、当然のことながら、個人的に納得のいく答えでありませんでした

たしかに水中に強い濁りが入っている状況や、殆ど視覚が利かない夜間の釣りでは、服装の色による魚への影響は殆どないと思うのですが、照明のあるポイントやデイゲームでは、水面下にいる魚の姿を人間が認識できるように、魚の側からも逆に釣り人(というかカラフルで動く巨大な物体?)の存在をかなりはっきりと認識しているのでは?と個人的には思うのですが…

でもウェーディングゲームで、派手な色のジャケットや救命胴衣を着ていても、シーバスの釣果にあまり影響がないように、魚の種類によって、水上にいるものに対する警戒心というか、動態視力や色の認識力にかなり差があるのでしょうか?

               IRONOSA1.jpg
                 【人間から見たルアーカラー】

まあ実際のところは、魚になってみないと分からない訳ですが、もしかしたら、人間からはかなり派手なアピールカラーとして認識されている色(例.チャートリュースや蛍光ピンクなど)も、魚から見れば、実際にはこんな風に見えているだけなのかも知れませんね

               IRONOSA2.jpg
                 【魚から見た?ルアーカラー】

服装の色 木化け石化け カモフラージュ

関連記事

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

小学生時分に

池や川での鯉釣りの経験から言えば、鯉という条件付きになりますが魚からも人間の姿は見えているのではないかと思っています。
というのも、水辺付近に立つとそれまでシャローにサスペンドしていた鯉がスゥ~っと沖に逃げていく事が多々ありました。
また逆に餌付けを行っている釣り禁止の公園では、水辺に立つだけで鯉が足元に寄ってくることも。
しかし、ルアーカラーに関しては未だ懐疑的ではあります。カラー以前に、魚たちはルアーを何だと思って喰ってくる(襲ってくる?)のかという疑問があるからです。
餌だと思っているのか?はたまた生存本能からくる外敵を退ける行動なのか?疑問は尽きないところです。


僕も魚の色の認識は人間とは違うと思ってます。
もしかしたらモノクロの世界かも……とか。
いや、キラキラ光るものには興味示すし、そうでもなさそうですね(笑)

Re: 小学生時分に

リトルウィングさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます

> 池や川での鯉釣りの経験から言えば、鯉という条件付きになりますが魚からも人間の姿は見えているのではないかと思っています。

たしかに池の鯉は明らかに、視覚で人間の姿を認識している
ように見受けられますね。服装の色まで認識しているかは?
ではありますが

> しかし、ルアーカラーに関しては未だ懐疑的ではあります。カラー以前に、魚たちはルアーを何だと思って喰ってくる(襲ってくる?)のかという疑問があるからです。
> 餌だと思っているのか?はたまた生存本能からくる外敵を退ける行動なのか?疑問は尽きないところです。

明らかにベイトに見えないルアーにも喰い付いてくるところを見ると
食性だけに訴えている訳でもなさそうですよね
「ルアーに対する反応の殆どはリアクションバイト」と断言している方
も多いようですし

> FishingJunkieさん

> 僕も魚の色の認識は人間とは違うと思ってます。
> もしかしたらモノクロの世界かも……とか。
> いや、キラキラ光るものには興味示すし、そうでもなさそうですね(笑)

魚種によって認識できる色に違いがあることは、研究によって
ある程度判明しているそうですが、人間の視覚のようにフルカラー
でないことは確かなようです
フラッシングに対する反応は、色の認識力とは、また違う話みたいですよ

 写真でも行われているように、人はRGB(赤、緑、青)カラーでものを見ているので、魚から見た色が違うのは事実でしょうね。
 またRGBカラーで見た印象というのも我々は文化的な印象を持っているわけで、魚からの印象もまた別なのでしょうね。
 バスでいうと緑には視細胞が非常に強く反応するらしく緑の濃淡まで見分けられるようで、逆に青に対しては濃淡は見分けられないようです。これも人や類人猿が葉を食べるようになったことから緑を見分けられることができるようになったように、自然界の条件から進化してきたわけで、色々と考えさせられる内容ですね。
 また水面下から見上げて水面上の色を見ようとしたときの色というのは人が見ても影にしか見えなかったりするわけで、色の識別は難しいのかもしれません。あと水の屈折率や反射してみえなくなる角度があるというのも認識しておいて損はないでしょうね。
 こう考えると非常に複雑な思考が出来てしまいますね・・・・

lunamaggotさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます

>  バスでいうと緑には視細胞が非常に強く反応するらしく緑の濃淡まで見分けられるようで、逆に青に対しては濃淡は見分けられないようです。これも人や類人猿が葉を食べるようになったことから緑を見分けられることができるようになったように、自然界の条件から進化してきたわけで、色々と考えさせられる内容ですね。

草や花の蜜を主食としている昆虫類(特に蜂)は、モノクロでしか
草花を見る事ができないそうですが、何でも一種の赤外線ビジョン
のようなもので、蜜の有無や草木を見分けていると聞いた事が
あります

>  また水面下から見上げて水面上の色を見ようとしたときの色というのは人が見ても影にしか見えなかったりするわけで、色の識別は難しいのかもしれません。あと水の屈折率や反射してみえなくなる角度があるというのも認識しておいて損はないでしょうね。
>  こう考えると非常に複雑な思考が出来てしまいますね・・・・

魚は広範囲を瞬時に見ることは出来ても、距離感を掴む事は苦手
らしいですね。人間で言えば極度の近視に近いのだとか
魚の視力や色の認識能力については、考えれば考えるほどドツボ
に嵌っていきそうですね
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。