スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安物ソリッドグラスロッド

今日、近所のTBに行ってみると面白いロッドが売っていました

『Guts/グレート鱒レンジャー』を更にパワーアップしたような、1ピースソリッドグラスロッドです

               TGSG2

その名は『T‐GAME/ソリッドゲーム150』

聞いたこともないロッドメーカーです。当然メイド・イン・チャイナ製』

『新品だし、そこそこの値段は多分するんだろうなぁ』と思いながら値札を見てみると、何と税込みで1000円以下。『コイツはボートシーバスで使ったら、さぞ面白いに違いない』と思い、早速購入してきました

適合ウェイトは3~50グラムと大変幅広く、巻き物メインの色々なルアーゲームに何かと使えそうです
100%ソリッドグラス故に、感度はカーボンロッドより劣るものの、思ったほどペナペナなコシのないロッドでもなく、そこそこのバットパワーはあるようで、試しに150グラムメタルジグで荷重テストをしてみたところ、ティップ部分が多少おじぎする程度でした

テーパーアクションはおそらくミディアム~スローテーパーというところでしょうか

               TGSG3

ガイドは『グレート鱒レンジャー』と同じく、『クロムメッキスチールフレーム&ハードロイ系ガイドリング』を採用
ブランクスは無塗装の『トランスルーセント(透明)系ソリッドグラス』で、グリップには、おそらく樹脂製グリップの上にコルクシートを貼り付けたと思われる安っぽい代物、リールシートには、如何にもプラッキーな素材の『オリジナルダウンロッキング方式』を採用しており、見た目のチープ感はやはり拭えません(でなければ、定価3000円では販売できないでしょう)

               TGSG1

ブランクスカラーは『クリアーイエロー』『クリアーオレンジ』『クリアーグリーン』『クリアーレッド』の四色があったのですが、『ビームサーベル』っぽさを意識して、『クリアーレッド』を選択しました

               TGSG4

『グレート鱒レンジャー』と比較すると、ブランクスの太さが1~2回り近く違います。これだけの太さがあるからこそ、2オンス近くのルアーも平気でキャストできるのでしょう。喰い込みの良さと折れにくさも大きな利点ですね

案の定ガイドスレッドの処理が甘く、ガイドがいくつか曲がった状態でいい加減に取り付けられているなど、この辺の工作精度はやはりチャイナ・クオリティ』と言ったところでしょうか(当然、この不具合は修正するつもりですが)

このまま使うのはちと不安なので、ちょっと自分でチューニングを施して、強度アップと使い勝手を図りたいと思っています

ソリッドゲーム150 T‐GAME 鱒レンジャー 1ピースソリッドグラスロッド
【追伸】
あれからネットで調べたところ、モノ的にはどうも『TIGA/バスライン150-II』というソリッドグラスバスロッドと同じ物のようです


関連記事

テーマ : ルアータックル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


海中時計
ブログ内検索
バナー一覧
▼ ブログ更新時にとても励みになります。下記バナーのクリックにご協力をお願い致します
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ にほんブログ村 その他日記ブログへ blogram投票ボタン GyoNetBlog ランキングバナー
天気予報
タイドグラフ(潮汐表)
プロフィール

ばんぱく

Author:ばんぱく
既に人生を棒に振りつつある独身貴族(というより独身貧民)。海なし県在住にも関わらず、ソルトウォーターゲーム、特に身近なシーバスとラパラ、アメリカンルアーをこよなく愛する心優しきオッサンアングラー(←本当かよ)。さらに雑学やオタク系知識に造詣が深い(笑)

カテゴリー
お気に入りブログ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。